« 朝日新聞号外にて振り返る2010年 その1 | トップページ | スイーツ食べ放題にて、しばし憂き世を忘る »

2010/12/20

秘蔵の宝物入れたるエトロの箱、瞬間接着剤にて補修

1012201a余の家に、ETRO(エトロ)の重厚にして高貴、かつ妖しげなる雰囲気の箱あり。

こは、阪神大震災の発生しける年の秋、神戸・元町のガード下なるアーケード街を、すずろにありきし折、たまたま見いだしたる箱なり。

店の主人曰く、こは数万円すべきブランドもののバニティケースなれど、水をかぶりたりけるによりて、捨て値にて放出するなりと。

定かにはあらねど、2000円程度なりけるとぞ記憶する。

余はこの箱に、我が家に秘蔵せる超レアなる宝物を保管することとしたりき。

この宝物とはなんぞや、と思ふらめど、余の家を訪れ来たるまれびとたちには、箱を開けたりて見てもらふことにぞしたる。

箱の形なむ、まさにあつらへたりけるやうに、宝物の大きさに寸分違はず適ひたり。

1012203aいみじう気に入りたる箱なれど、元町にて贖ひしより15年が経過し、このところ内側なるレザー、ほつほつと剥がれて、めくりゆけり。

外側はなにごともなきに、内側のみ剥がれゆくは、かの店の主人の云ひけるごとく、水かぶりたるに因るものなるや。

ETROの同じ箱なむ、いづくにてか入手可能なりやとネットにて調ぶれど、いまとなりてはひたぶるに困難なるらし。

1012202aオークションにて類似の箱、出品されたることあるらしきに、落札価格は中古にても数万円とぞ。

かくて余は、剥がれ始めたるレザーを、瞬間接着剤にて貼りなおすこととしたり。

接着剤こそ強力なればなるほど良からめ、と思ひて、3グラム550円なるScotchの強力瞬間接着剤を数個贖ひ来たりて、慎重に貼り付け作業を行なひたり。

接着作業は成功したりて、箱の内側ぞ元通りになりたりけるは。

されど、いでいで、接着剤の指に付きたるなむ、洗剤にて洗へど湯で擦れど、取れぬようになりたる。

接着力の強さ、身を持ちて厭といふほど知らされたる年の瀬なるぞかし。

|

« 朝日新聞号外にて振り返る2010年 その1 | トップページ | スイーツ食べ放題にて、しばし憂き世を忘る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/50352066

この記事へのトラックバック一覧です: 秘蔵の宝物入れたるエトロの箱、瞬間接着剤にて補修:

« 朝日新聞号外にて振り返る2010年 その1 | トップページ | スイーツ食べ放題にて、しばし憂き世を忘る »