« 昔の職場仲間の女性たちと、おうち芋煮会せり | トップページ | 朝日新聞号外にて振り返る2010年 その2 »

2010/12/06

昇降機も自動階段もなき地下に、新装食堂街

新宿・小田急ハルクの地下なむ、いみじうあやしく、不思議の空間なるぞかし。

地下2階は、生鮮食品なんどを中心とせるデパ地下なるに、そのまた地下に、エレベーターもエスカレーターも通はぬ上階下階の2層の空間広がれり。

101206a_2かつて、こは「グルメアレー」と呼ばれし食堂街にて、長年、大きなる改装もせで、昭和レトロの空気ぞ漂ひたりける。

余は、ここなりしハゲ天の、いと安くて美味なるが気に入りて、メニューになきハゼ天丼やキス天丼なんど頼みて、よく食らひたりけるものを。

そのハゲ天、今年1月に43年もの営業を終へて閉店せり。「グルメアレー」も、その後、閉鎖されたりけるは。

不思議の空間、今月1日から全面ニューアルされて華々しくオープンしたり。

新たなる地下レストラン街の名称は、ハルクのチカてふ意味ならむ、「ハル★チカ」とぞ。

新装なりても、エレベーター、エスカレーターともに無く、ひたすら階段を上り下りするは、以前と変はらず。パンフのイラスト見れば、さながら蟻の巣の如し

地下2階より1つ下りたる階には、8店舗のアジア的屋台村なる観を呈したり。

さらに1つ下がる階に、2つのレストランあり。

1012021aその1つ、ファンタジーレストラン「魔法の国のアリス」なむ、室内装飾の、アリスの世界一色に、きらきらしく塗りつぶされたる。

メニューには、「チェシャ猫のミックスベリーパフェ 魔法のステッキに願いを込めて」なんど、舌噛みがちなる名前のあまた並べり。

されど、ここのランチこそ、手ごろ価格にして内容充実したるは予想のほかなれ。

余はこれまで2回訪れたりて、「柔らか牛肉のデミグラスシチュー」1200円と、「サーモンとエビのホワイトシチュー」1000円を頼めり。

味ボリュームともに良く、セットのパン、サラダもまずまずなり。

プラス250円にて付くデザートのうち、ミニパルフェなむひたぶるに美味なる。

「アリス」とは、「蟻の巣」の底に、つきづきしき名前かとぞ。

|

« 昔の職場仲間の女性たちと、おうち芋煮会せり | トップページ | 朝日新聞号外にて振り返る2010年 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/50191497

この記事へのトラックバック一覧です: 昇降機も自動階段もなき地下に、新装食堂街:

« 昔の職場仲間の女性たちと、おうち芋煮会せり | トップページ | 朝日新聞号外にて振り返る2010年 その2 »