« 新春の初忘れ物ぞ、ローストビーフなる | トップページ | 33回目の胃カメラ検査で生検、結果は如何に »

2011/01/08

みづから鴨丼を調じて食らひ悦に入る

110108aおほかたの蕎麦屋には鴨南蛮や鴨せいろのあるを、世に鴨丼なるメニュー供する店はあるにや。

ネットにて調ぶるに、鴨料理専門店はあれど、鴨丼なむ手軽に食はせる店、とんとあらずなるは。

されば、鴨丼食はむと欲する者、みづから調ずるほかにずちなし、とこそ覚ゆれ。

かくて余はけふ、鴨ロース肉ぞデパ地下にて贖い来たる。

鴨丼のレシピ、ネットにあまた書かれたるが、みな調じ方や味付けのそれぞれに異なりて、唯一絶対なる鴨丼レシビは存在せずなるらし。

そこで余は、自己流の即興レシピにて、鴨丼つくりにチャレンジしたり。

材料(1人前) 鴨ロース肉100グラム、葱2分の1本、クレソン3本、白飯、つゆの素(にんべん)、料理酒、塩、胡椒、サラダ油

まずは鴨肉に、軽く塩胡椒を振れり。葱は斜め切りにす。

フライパンにサラダ油をひきて葱をいため、きつね色になりてしんなりしたれば、葱を取り出せり。

油を少々足して、鴨肉を焼きたり。ここは焼きすぎぬことぞ肝心なる。

中火にて裏表ともに火が通りたるころあひに、つゆの素、目分量にて大さじ1杯半ほどふりかけ、すかさず料理酒少々をふりかけたり。

たれのまんべんなく絡まるやうになりたれば、火を止め、白飯の上に鴨肉と葱乗せて、フライパンの中のたれをかけ、クレソンぞ添へたる。

焼き時間計りたるにはあらねど、鴨肉のミディアムレアになりて軟らかく、味付けも我ながら上々の出来栄えなるぞかし。

いでや、この味、病み付きになるにやとこそ。

|

« 新春の初忘れ物ぞ、ローストビーフなる | トップページ | 33回目の胃カメラ検査で生検、結果は如何に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/50526866

この記事へのトラックバック一覧です: みづから鴨丼を調じて食らひ悦に入る:

« 新春の初忘れ物ぞ、ローストビーフなる | トップページ | 33回目の胃カメラ検査で生検、結果は如何に »