« 1年3箇月かかり、和漢朗詠集やうやう読み終へたり | トップページ | 新春の初忘れ物ぞ、ローストビーフなる »

2011/01/01

つつしみて2011年の新春を寿ぎ奉る

110101


あらたまの年立ちぬれば、めでたきこと、なのめならず。

ここにかしこみて、はつはるを寿ぎ奉る。

けふは空のけしきもうらうらと、はれやかにして、めでたき心地す。

今年2011年はいかなる年になるらむ。

世の中の平穏安泰にして、われもひともみな無病息災に、一日一日をつつがなく過ぐさるることを、願ふのみなり。

21世紀の開幕とて、いみじう騒ぎ、多大なる期待とともに見守りたりける頃より、りんと10年になりぬ。

はや新世紀も10分の1が過ぎゆけり。

過ぎたることどものすべては、一瞬のごとく去れり。

遠き過去も、近き過去も、過ぎたることにおきてはすべて等価なり。

けふからは、21世紀の2ラウンド目の10年ぞ始まれる。

10年後に振り返らむ時、2010年代をいかなる10年と覚ゆるにや。

とまれ、新たなる10年、われもひとも、みなみな健やかに穏やかなる様にて過ぐさまほしけれ。

|

« 1年3箇月かかり、和漢朗詠集やうやう読み終へたり | トップページ | 新春の初忘れ物ぞ、ローストビーフなる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/50440838

この記事へのトラックバック一覧です: つつしみて2011年の新春を寿ぎ奉る:

« 1年3箇月かかり、和漢朗詠集やうやう読み終へたり | トップページ | 新春の初忘れ物ぞ、ローストビーフなる »