« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011/02/26

ガスの炎の、昨日から緑色となりたる怪

110226aいかなるにや、昨日から、ガスレンジの炎、緑色となりて、怪しきことなのめならず。

20年間、このレンジ使ひたるに、これまでは青色にて、色に異変起こりけるためしなかりけり。

レンジに3つあるバーナーのうち、緑色の炎なるは、最もひんぱんに使へる左の1つのみにてぞ、ほかの2つは青色なる。

ネットにて調ぶれば、ガスの緑色の炎となるは、銅、ホウ酸、バリウムなんどによる炎色反応の起きたる可能性あるとぞ。

余には、なべて心あたりなきことなれば、こは、いみじう不可思議のことなるかな。

見やる分には綺麗なるが、人体やレンジ自体に、悪さの有りや無しや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

けふは2.26事件から75周年なるは

1102261a_2

1102262a

けふは昭和11年(1936年)、陸軍皇道派の影響を受けた青年将校ら、1400余名の兵を率ひ、「昭和維新断行・尊皇討奸」を掲げて決起しけるクーデター(未遂)の、2.26事件より75周年なるとぞ。

余の手元には、2月26日発行(27日付け)の号外、および2月28日の夕刊、ともに現物のほぼ完全なる形にて保存されてあり。

号外は「青年将校けっ起す 重臣等襲はる」の見出しにて、
 △首相官邸にて岡田首相即死
 △齋藤内大臣は私邸にて即死
 △渡邊陸軍教育総監は私邸にて即死
 △牧野前内大臣は熱海伊東屋旅館にて行方不明
 △鈴木侍従長は官邸にて重傷
 △高橋大蔵大臣は私邸にて負傷

などの箇条書きが綴られたる簡素なるものにて、緊迫感溢るる号外なり。
一報にて即死と伝へられたる岡田啓介首相は、別人を銃殺したる反乱将校側の錯誤なりて、岡田首相本人は変装して脱出に成功したりて難を逃れたるとぞ。
号外にて負傷と書かれたる高橋是清蔵相は、死亡しけり。

2月28日の朝日夕刊は、1面トップに「今暁帝都に戒厳令」の見出しとともに、戒厳令および戒厳司令部令の勅令全文を、御名御璽の文字とともに掲載せり。

この日の夕刊紙面、事件関連の生々しき記事もさることなれど、ほかのさまざまの記事や広告にぞ、目を引かるる。

2面には「チャップリン日本へ向ふ」の記事あり。

3面には、シルヴィア・シドニイ主演、ウイリアム・ハワード監督のパラマウント映画「Gウーマン」の大きなる広告あり。日劇にて3月1日封切、入場料五十銭均一と書かれたり。

同じ面には新交響楽團の広告ありて、ベートーベン第九交響曲とエグモント序曲の演目を、日比谷公会堂にて2月28日限とあり。

帝都に戒厳令の敷かれたる中にても、かやうなる文化芸術の、からうじて息づきたるに、やがてこの国の戦争へと突き進み、米国映画や洋楽コンサートなんどの催すことの、ゆめ能はざるやうにならむとは、たれか予想しけむ。

2.26事件から75年と聞きて余は、はつか75年前のことなりて、さほど遠き昔にはあらざりけること、むしろ驚きなるぞかし。

いま75歳の人にとりては、その生まれし年のことなり。いま85歳の人にとりては、10歳の頃に起きしことなりけり。

2.26事件は、けして過去の出来事にあらず。昨今の内外情勢の混迷見れば、平成の二・二六事件いつ起きても不思議にあらざるは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/19

光ケーブルの修理済みて、ネット接続回復す

110219a昨夜、余のパソコンに繋がるる光ケーブルの、突如として集端装置から切れて外れたるを修理せむとて、けふNTT東日本の修理担当者2名、訪れたり。

光ケーブルなむ、余は2001年に導入したりて、以来10年間、切れて外れたること、一度もなかりしに、いかで外れたるにや。

折しも、30年ぶりのエレベーター大改修工事のさなかにて、修理担当者ら、外の非常階段ぞ登りて来たれる。

切れたるケーブル、新たなるパーツに繋ぎ直す作業、いみじう複雑かつ精密にして、専門の技術者ならでは、え為すまじと覚ゆ。

被膜に覆われたりて、普通のコードのやうに見ゆるケーブル線のうち、本体の光ファイバーそのものは、蜘蛛の糸ほどのいと細くて頼りなげなる線にて、髪の毛よりも細き心地ぞする。

かやうなる細きものに、一秒に100メガビットもの大量の情報を受け、はたまた送ることの可能なるこそ、素人の理解のはるか及ばざるところなれ。

とまれ、ネットへの接続の回復なりて、メールなんども、やうやう読み書きの元通りになりたり。

膨大なるネット世界と余をつなぐ生命線の、蚕の吐き出す糸ほどのものとは、いでいで、うちおどろくばかりなるぞかし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/18

光ケーブル切断し、ネットに接続不能なる

光ケーブル切断し、ネットに接続不能なる
余のパソコンの生命線なる光ケーブル、けふ突如として集端装置から切れて外れたれば、ネットにアクセスすること、つゆ能はざりけり。

メールだに読むことの叶はざるは、いみじう不便なり。

こは、とりもあへず、ケータイにてモブログの書き込みなるぞかし。

NTT東日本の修理窓口に依頼したれば、明日、修理に来るらし。

BANYUU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/15

今様の雪だるま、みなのっぺらぼうなるは

110215a昨夜は、雪のいみじう降り続くを、朝にはいかほど積もりつらむと見ゆ。

つとめて、雪はとうにやみて、日の射し当たりたれば、シャーベット状に融け出したるに、光のきらきらと映へてまばゆきこと、なのめならず。

家のわたり、すずろにありき見るに、童らの為したるにや、ところどころに雪だるま様のかたまりぞ、こと家の軒下なんどに立ちたる。

どの雪だるまも、野箆坊(のっぺらぼう)なるは、いかなるにや。

いにしへの日日、雪だるま作りしころのこと、おぼろけに思ひ出せば、さなる訳の、おのづから思ひ当たるところあり。

いでや。われらはみな、雪だるまの、目、口、鼻、眉なむ、炭と炭団(たどん)にて作りたりける。

今の人人、炭団知らぬも少なからざるや。昔の家家には、炬燵や火鉢に欠かせぬ燃料とて、炭とともに炭団は常備品なりき。

真ん丸の炭団こそ、雪だるまの目に、つきづきしかりしか。

眉や鼻、口は、炭にて容易にととのひ得たりき。

このごろは、炭も炭団も家庭から姿消したれば、雪だるまの表情作る料の、なんぞのあるにや。

ペットボトル、空き缶、使用済み電池、ボールペン、みなみな顔のパーツには不向きなるぞかし。

道には、石ころや木切れの一つだに見出すこと、いと難し。

されば、雪だるまの、なべてのっぺらぼうなるも、げに理なるかとぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/09

焼きたる鴨肉食らはむと見れば、いでや鴨の姿なるは

110209aちかごろはデパ地下ならずとも、スーパーの売り場にても、ときおり鴨肉のスライス並ぶを見かけるやうになりたり。

たまたま、1パック400円ほどの手ごろなるスライスパックあるを見て、贖ひ来たり。

フライパンにて簡単に焼きて、食らふうちに、ふと箸につまみたる一切れの、なにとはのう不思議なる形したるにぞ、しばし目の止まりたる。

怪しのことなるかな。この一切れのみぞ、ほかと異なりて脂身なく、なんぞの形にか似たると思はるる。

いでいで、目を凝らすにつれ、この一切れ、やうやうに鴨の姿になりたるは、まぼろしなるかうつつなるか。

スライスしける職人の、かやうなる戯れを、あへて為したりけるとも覚へねば、こは偶然の一致にほかならず、とや。

はたまた、鴨の怨霊の、スライス肉片に乗り移りて、食らはむとする人間に、生前の己の姿を知らしめむとしたるかとぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/02

2月逃げ月なにゆゑ逃ぐる、鬼に追はれて逃げむとや

110202a1月行く月往ぬる月。2月逃げ月逃ぐる月。3月去る月別れ月。

毎年のことなれど、めぐり来る月日の中で、2月3日の節分のみは、1年ごとの間隔のいみじう短くて、などてか、と怪しき心地ぞする。

おなじやうに年中恒例の、ひいな祭りや、さくらの開花、お盆や正月なんど、ほかのことどもは、1年の間隔空きたるを、げにと実感せり。

節分から節分までの期間ぞ、1年よりひたぶるに短く感ずるは、おもひなしにしもあらず、こはまことに時間の歪みたるにや、と覚ゆる。

ダリの描きたりける、ぐにゃりと垂れ下がりたる時計のやうに、1年てふ時の流れの中にも、ワームホールのごと、間隔のせばまりたる箇所のあるらむ。

この歪みの拠りて来たるは、余の見るに、鬼にこそあらめ。

2月は、ほかの月より2、3日短きうへに、鬼に追はれて逃げるなめり。

逃ぐる2月を、鬼、うちとらへて日時を食ひに食らひて、ひたすらむさぼり食らふなり。

鬼に食はれたる2月は、28日在ると見ゆるは錯覚にして、空洞となりたるを、いかでか人の知る。

節分は、人間の時間を美味なる肴になして、鬼どもの呑み騒ぎ、歌ひ踊る饗宴の、オープニングなるぞかし。

この饗宴、年によりては5月、6月ころまで続くこともあるとかや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »