« 大地震襲ひて、余の家も惨憺たる被害受く | トップページ | 8年前に推奨期限切れたる単1電池、燦燦と »

2011/03/16

1000年に一度の大地震とぞ

110316

また、同じころかとよ、おびたたしく大地震(なゐ)ふることはべりき。そのさま、世の常ならず、山はくずれて河を埋み、海は傾きて陸地をひたせり。土裂けて水涌き出で、巌割れて谷にまろび入る。
塵灰たちのぼりて、盛りなる煙のごとし。地の動き、家の破るる音、いかづちに異ならず。家の中にをれば、たちまちにひしげなむとす。走り出づれば、地割れ裂く。羽なければ、空をも飛ぶべからず。竜ならばや、雲にも乗らむ。恐れの中に恐るべかりけるは、ただ地震なりけりととこそ覚えはべりしか。(鴨長明「方丈記」)

|

« 大地震襲ひて、余の家も惨憺たる被害受く | トップページ | 8年前に推奨期限切れたる単1電池、燦燦と »

コメント

納得! 方丈記の冒頭が大好きな者より。

相も変わらないのは、人間か!

投稿: 元島 | 2011/03/22 11:35

大地震の破壊力、人間の脆さ。何もかも、千年前と変わるところなし。

投稿: BANYUU | 2011/03/22 18:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/51136484

この記事へのトラックバック一覧です: 1000年に一度の大地震とぞ:

« 大地震襲ひて、余の家も惨憺たる被害受く | トップページ | 8年前に推奨期限切れたる単1電池、燦燦と »