« 1000年に一度の大地震とぞ | トップページ | 節電・放射能・自粛‥戦時下の帝都に似たり »

2011/03/23

8年前に推奨期限切れたる単1電池、燦燦と

1103231a工場の操業停止や消費者の買い貯めによりて、スーパーやコンビニなんどのモノ不足、依然としてつゆ解消せず。

パックの白飯やトイレットペーパー、ティシュペーパーは、店によりて時折、少量の入荷あることもあり、一人何個と制限されて入手能ふことあれど、これもその時の運しだいなり。

なかんづく、入手の難しきモノの最たるものは、単1乾電池なるぞかし。

家電量販店にては、単3、単4は見られるやうなりたるに、単1はゆめゆめ入る見込みなしとよ。

けふ、量販店の防災コーナーにて蛍光灯ランタンなむ、1650円てふ安値にて数個、売りたりけるは。

単1乾電池4本使用すべしとて、購入を躊躇せるも、今後の不意の停電なんどの備へに贖いて来たり。

1103232a余の手持ちの単1電池は、懐中電灯用の予備に取り置きたる2本のみなり。

2本のみにては働かず、4本を必要とせるランタンは、如何にせむと、思案したりけり。

さるほど、棚の奥など、あちらこちらと、掻き回すうちに、靴箱の奥の奥に、未開封の単1乾電池20本パックを発見せり。

夢かとぞ喜ぶも束の間、パックに貼られたる「使用推奨期限 2002年11月」の表示に愕然とす。

はや8年以上も昔に、推奨期限の切れつるままなるを。

期限切れたれば、エネルギーはゼロなるや、はたまた少量のパワーぞ残れるや。

とまれ、ダメモトにて、古きパック開封してランタンにセットしてみたり。

スイッチをオンにしたれば、いでいで、ランタンは燦燦、煌煌と輝けるぞ。

推奨期限切れたるとは思へぬほどのパワーに、しばし驚嘆せり。

古きものなりとも、捨てずに取り置けば、かく役に立つることもあんなりとこそ。

|

« 1000年に一度の大地震とぞ | トップページ | 節電・放射能・自粛‥戦時下の帝都に似たり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/51197554

この記事へのトラックバック一覧です: 8年前に推奨期限切れたる単1電池、燦燦と:

« 1000年に一度の大地震とぞ | トップページ | 節電・放射能・自粛‥戦時下の帝都に似たり »