« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011/05/29

12年間使ひたるビデオカメラ作動不能となりて

1105291a1999年に贖いしパナソニックのデジタルビデオカメラ、使用開始から12年経ちても健全に作動したれば、26日も撮影に携行したりけり。

その時の映像、二度と撮ることの能はざるシチュエイションなれば、ミニDVテープに記録せる映像、早めにDVDレコーダーに取り込み、DVDディスクに焼きて永久保存図らむとぞ欲したる。

昨日、DVDレコーダーに繋ぎて、いざ再生せむとするに、あなや、「つゆがつきました」てふメッセージの出でて、一切の作動の不可能なりけるは。

取扱説明書には、このメッセージ、2、3時間待てば消ゆる由書かれたれば、待ちて再度試みるに、幾時間待てども消ゆることなし。

1日置きて、けふ試みるも、「つゆがつきました」のまま、びくとも作動することのなかりけり。

ネットにて調ぶれば、このメッセージの頻繁もしくは常時出でるは、センサーの故障にて修理するほかなしとぞ。

このビデオカメラ、数年前にはではでしく壊れしことありて、修理に出したりければ、3週間ほどかかりて、やうやう直りつ。

再度壊れたれば、買ひ替へるべし、とその時に云はれたりき。

1105292a買ひ替ふるとても、いまどきのビデオカメラ、本体のハードディスクに記録する仕様のもの主流となり、ミニDVテープに記録するは旧式となり過ぎて、いずくにも売りおらず。

パナソニックのカメラ、12年の寿命終ふるは、せんかたなきことなれど、はてさて、ミニDVテープに収録されたるこの映像をば、いかにせむや。

再生専用機のみにても安く売らざるや、とて楽天なんどを見てゆくに、新宿にてビデオカメラのレンタル店のあるを見つけたり。

さまざまの機種揃へたりて、ミニDVテープ使用のタイプも数種類あり。レンタル料は当日返却なれば、2750円と安価なるぞかし。

大雨の中、早速赴きて、運転免許証にて登録を行ひ、ソニーの機種を借りて来たり(写真下)。

ミニDVテープをセットし、カメラとDVDレコーダーなむ、i リンク(DVケーブル)にて接続したりて、無事にテープの映像をダビングし終へたる。

DVDレコーダーに取り込みたる映像は、とくDVDに焼きたること、いふもさらなり。

激しく降る雨の中、借りたるカメラ、付属品一式、返却して来たるは。

パナソニックのビデオカメラ、3日前の貴重なる映像の撮影時にエラーとなることなく、最後の奉公とて役目を終へたることこそ、感謝するのみなれ。

さらば、Panasonic NV-C3!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/05/21

夜9時の室温31度、冷房入れたし節電したし

110521a夜9時といふに、余の家の室温は31度もあり。

まだ5月なるぞ、と目を疑ふも、暑きこと、なのめならず。

今年初の冷房を入れむとするも、「節電」の2文字、頭にちらつきて、思ひとどまれり。

さきにテレビのニュースにては、「節電を気にするあまり、熱中症にかかりては、本末転倒ならむ」と伝えたるぞ。

けふのところは、耐え忍ぶとて、この先の暑さ思はば、節電てふもほどほどにてとどむべし、とこそ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/13

3.11に粉砕されしバロン、奇跡の蘇生に成功す

1105132sa_23.11の強震にては、余の家の食器やグラス類とともに、棚の置物、飾り物、あまた落下して破損、粉砕されて、復元すること能はず、みなみな捨つるはめになりぬ。

いみじう心残りなるは、バロンのフィギュアの、余のアバターとてブログのプロフィルにも使いたりけるが、頭部の無惨にかき砕かれ、床に破片となりて散乱しつるは。

こは、ジブリの『耳をすませば』と『猫の恩返し』の両方に登場せる猫の男爵なり。

バロンのフィギュアは、これまでさまざまなる工房にて作られたるに、いずれも全体がポリエステル樹脂なんどの素材にて、サイズも10センチから15センチ程度のミニチュアなり。

余は、『耳をすませば』の中で、主人公の雫が地球屋にて最初に見たるバロン人形と、同じやうなる大きフィギュアぞ、長きに渡りて探し続けたりける。

ジブリ美術館や、オタク相手のフィギュアショップもありき回れるに、たまにあるも、ちさきフィギュアのみなり。

さるを、たまたま運のよきめぐり合はせにや、2004年のさる日、余はつひに探し求めつるバロンのフィギュア見つけたりて、この機会逃すことなくゲットするを得たりき。

高さは、映画とほぼ同じ37センチあり、背広、チョッキ、ネクタイ、帽子ぞ布地にて精巧に作られたる。

限定200体の箱入りにて、限定番号も書かれたり。


110513a余は、砕かれたるバロン頭部の破片、細部に至るまで拾ひ集め、棚の一角にとりまとめ置きたるぞ。

震災から2箇月の経ち、ネットにてひたぶるに調ぶるに、このフィギュアの再び手に入ること、ゆめゆめなきことを改めて知れり。

そこで余は、壊れたる破片なむ接合して、バロンを蘇生させむと思ひ立てり。

無理を承知の作業にて、細やかなる破片を合はし行く道のりは、三次元ジグソーパズルにて、難航を極めたるぞかし。

破片と破片の合ふと思へば合はず。やうやう合ふ箇所、見つかれど、接着剤固まらぬうちに、外れて振り出しに戻る。

破片と接着剤とを右手に左手に、繋ぎつ外しつ格闘すること幾時ぞ、いでや、気がつけば、バロンの姿、元通りに蘇りたるは。

こは夢かとぞ。

何事もあきらめずに為すこと、これ成り難きを為すための唯一の道とこそ覚ゆれ。

かくて、元通りに成りたるバロン、何事も無かりけるやうに、ステッキを持ちて余の部屋にたたずみ居れり。

バロンの名前は、フンベルト・フォン・ジッキンゲン男爵。

戦争にて別れたる恋人の、ルイーズといふ名の貴婦人を、今日も探し続けると聞く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/09

27年前、浜岡原発をゴジラ襲ひたるは正夢なりや

1105091_2

いまは昔、27年前の1984年、静岡県なる浜岡原発、ゴジラの襲ひたりけることあり。

濃霧の中、東海の海からおもむろに現れたるゴジラは、厳重なる警戒網を突破したりて、浜岡原発の敷地に上陸したりけり。

管制室に詰めかけたるあまたの作業員ら、突然のことに、ふためき回れるも、せんかたなし。


1105092aゴジラは原子炉建屋をやすやすと破壊したりて、炉心の燃料棒ぞ掴み出し、放射能を己の体内に吸収し尽くしたりける。

緊急に招集されたる官邸の対策本部にては、首相を始めとして全員が、モニターカメラに映し出さるる襲撃の一部始終を見守るも、なすすべのあろうかは。

原発施設は無惨に破壊され、国内はパニックとなりて、そのすさまじき様、例を見ず。


1105093aこは、東宝のゴジラシリーズ16作目なる「ゴジラ」の前半のクライマックスなりて、映画にては「井浜原発」の名なるも、撮影に使はれたりけるミニチュアのセット、浜岡原発を精巧に模したるものなりけるとぞ。

1954年に制作されたる1作目の「ゴジラ」にては、コジラは太平洋の深海深くにて密やかに生息したるを、水爆実験にて深海を追はれ「水爆の権化」となりて東京を襲ひたりけり。

ゴジラ生誕30年を記念して制作されたる「ゴジラ」なむ、第1作と区別したりて「84ゴジラ」と呼ばれたる。

原発襲撃のシーンの撮影されたる84年は、チェルノブイリ事故の2年前なりて、原発の内在する危険にいちはやく警鐘を鳴らしたるは、比類なきものなり。

ゴジラは架空の脅威にあらず。そは人間の力の遥かに及ばざる大自然の猛威のことにて、人間の驕りと傲慢さによりて、その惨禍は幾十倍にも幾百倍にも増幅さるるものなり。

「84ゴジラ」の観客動員数は、320万人とぞ。

その観客のうち、首相による浜岡原発の停止要請出さるる日の来むことを、たれか予想したる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/03

大震災、二人のミキの魂が重なりて

1105031b2大震災の日本にて、二人のミキの、あまたの人人の心、ひたぶるに揺さぶること、ありけり。

エンドウ・ミキとアンドウ・ミキ。はつかに一文字違ふのみなりて、年も一つ違ふのみなるを。

遠藤未希さん、24歳。南三陸町の危機管理課職員なりけり。
 
3月11日、防災対策庁舎2階の放送室から、防災無線にて、津波の襲来と避難を、町民に声のかぎり呼びかけ続け、自身は津波にぞ巻き込まれたりける。

「もはや無理なり。もう良しとなして、上がるべし」てふ同僚の声にも、マイク離すことのなかりけるとぞ。

冷静かつ緊迫感の伝ふるこの放送によりて、からうじて高台に避難すること能ひて、命の救われたる町民はその数を知らず。

去年結婚したばかりにて、今年9月には披露宴を行なふ予定なりけるとや。
 

1105032bもうひとりのミキ。安藤美姫。23歳。

3月に日本で開催さるるべくフィギュア世界選手権の、大震災によりて急遽、日程を遅らせてモスクワにて開催されたるに、困難の最中なる日本を背負ひて出場したり。

「被災せる人たちのこと思ひて臨みたる」てふ安藤は、気迫あふるる演技にて、五輪金のキム・ヨナ抑へて4年ぶりの世界女王に輝けり。

優勝直後のインタビューにては、涙もなく落ち着きたるに、翌5月1日のエキシビション終へた後は、涙あふれ来たりて止まらず。

安藤の、アンコールとて演じたるは、いでいで、モーツァルトの「レクイエム」なるぞかし。

冒頭の、氷上にて倒れ臥したるポーズは、まさしく大震災の犠牲者たちへの鎮魂の思ひなるらむ。

ミキの倒れ臥したるは、一瞬、もう一人のミキと重なり合へり。

レクイエムの調べとともに、ミキは立ち上がり、不死鳥のごと、リンクを縦横に翔びて舞へり。

強きメッセージ溢るるミキの舞ひは、いつまでも日本人の心に残るらむ。

おりしも、もう一人のミキなむ、昨2日、死亡が確認されたりとニュースの伝へたる。安らかに眠りたまはんことを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »