« 27年前、浜岡原発をゴジラ襲ひたるは正夢なりや | トップページ | 夜9時の室温31度、冷房入れたし節電したし »

2011/05/13

3.11に粉砕されしバロン、奇跡の蘇生に成功す

1105132sa_23.11の強震にては、余の家の食器やグラス類とともに、棚の置物、飾り物、あまた落下して破損、粉砕されて、復元すること能はず、みなみな捨つるはめになりぬ。

いみじう心残りなるは、バロンのフィギュアの、余のアバターとてブログのプロフィルにも使いたりけるが、頭部の無惨にかき砕かれ、床に破片となりて散乱しつるは。

こは、ジブリの『耳をすませば』と『猫の恩返し』の両方に登場せる猫の男爵なり。

バロンのフィギュアは、これまでさまざまなる工房にて作られたるに、いずれも全体がポリエステル樹脂なんどの素材にて、サイズも10センチから15センチ程度のミニチュアなり。

余は、『耳をすませば』の中で、主人公の雫が地球屋にて最初に見たるバロン人形と、同じやうなる大きフィギュアぞ、長きに渡りて探し続けたりける。

ジブリ美術館や、オタク相手のフィギュアショップもありき回れるに、たまにあるも、ちさきフィギュアのみなり。

さるを、たまたま運のよきめぐり合はせにや、2004年のさる日、余はつひに探し求めつるバロンのフィギュア見つけたりて、この機会逃すことなくゲットするを得たりき。

高さは、映画とほぼ同じ37センチあり、背広、チョッキ、ネクタイ、帽子ぞ布地にて精巧に作られたる。

限定200体の箱入りにて、限定番号も書かれたり。


110513a余は、砕かれたるバロン頭部の破片、細部に至るまで拾ひ集め、棚の一角にとりまとめ置きたるぞ。

震災から2箇月の経ち、ネットにてひたぶるに調ぶるに、このフィギュアの再び手に入ること、ゆめゆめなきことを改めて知れり。

そこで余は、壊れたる破片なむ接合して、バロンを蘇生させむと思ひ立てり。

無理を承知の作業にて、細やかなる破片を合はし行く道のりは、三次元ジグソーパズルにて、難航を極めたるぞかし。

破片と破片の合ふと思へば合はず。やうやう合ふ箇所、見つかれど、接着剤固まらぬうちに、外れて振り出しに戻る。

破片と接着剤とを右手に左手に、繋ぎつ外しつ格闘すること幾時ぞ、いでや、気がつけば、バロンの姿、元通りに蘇りたるは。

こは夢かとぞ。

何事もあきらめずに為すこと、これ成り難きを為すための唯一の道とこそ覚ゆれ。

かくて、元通りに成りたるバロン、何事も無かりけるやうに、ステッキを持ちて余の部屋にたたずみ居れり。

バロンの名前は、フンベルト・フォン・ジッキンゲン男爵。

戦争にて別れたる恋人の、ルイーズといふ名の貴婦人を、今日も探し続けると聞く。

|

« 27年前、浜岡原発をゴジラ襲ひたるは正夢なりや | トップページ | 夜9時の室温31度、冷房入れたし節電したし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/51660031

この記事へのトラックバック一覧です: 3.11に粉砕されしバロン、奇跡の蘇生に成功す:

« 27年前、浜岡原発をゴジラ襲ひたるは正夢なりや | トップページ | 夜9時の室温31度、冷房入れたし節電したし »