« 1本の葱贖いて、ふとグルーシェンカのこと思ひ出せり | トップページ | 猛暑日に節電も限界、脱原発の行方やいかに »

2011/06/20

裏通りの辻角に、御猫の鎮座ましまして地域見守れり

1106201a余の家の近くなる、裏通りの辻角に、いつも御猫の鎮座ましますを見かけるやうになりたり。

猫は建物の軒下の雨のあたらぬところに、毎日、おなじ格好にて横たはれり。

ほとど寝ているやうなるが、人間がそばを通る時には、薄目を開けて、さりげなく観察したるらし。

猫のわきを通る人間ども、「あな、らうたげなる猫ぞよ」など云ひて、猫の体や頭に触り、撫でゆけるも少なくあらず。

撫でられたる猫は、目を開けて何ぞや云ひたげなるも、鳴きもせず逃げ出しもせず、やがてまた目を閉じて眠りたり。

1106203a_2


こはいかなる猫ならむ。

水の入りたるペットボトル、いつも脇にあるも、猫はいかやうにしてペットボトルの水を飲むにや。

ひたぶるに興味の募りて、けふは、近くになむ寄りて、まじまじと観察したる。

猫も時折、目を開けて、余をまじまじと観察しおれり。

よくよく見れば、猫の居るところは、魚なんどを入れるやうな発泡スチロールの箱の上なりて、猫の下にはタオルやビニールなんどの敷かれたりけるは。

この発泡スチロールの箱、側面に出入り口とて大きなる穴の開けられたりて、風雨の折や夜には、猫は中に入りて休むことの能ふべし。

出入り口の前には、水用のちさき器と、数粒のキャットフード入りたる小皿も置かれたり。

ペットボトルの水ぞ、そばを通る人間の、器に水の乏しくなりたるに気付きたるが、蓋を開けて注ぎやるらむ。

キャットフードや、ペットボトルの更新なども、軒の家の人や近所の人、通行人なんどが、思ひつきたる時に、世話をしたるかと見ゆ。

かくして、さまざまな人間ども、この猫を見守りゆけり。

猫も、毎日、同じ辻角にて、人間どもの往来を見守り続け、いつしか地域見守る生き地蔵の如き存在となりぬらむ。

猫地蔵。都市伝説としては悪くなからむとこそ。

|

« 1本の葱贖いて、ふとグルーシェンカのこと思ひ出せり | トップページ | 猛暑日に節電も限界、脱原発の行方やいかに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/51995192

この記事へのトラックバック一覧です: 裏通りの辻角に、御猫の鎮座ましまして地域見守れり:

« 1本の葱贖いて、ふとグルーシェンカのこと思ひ出せり | トップページ | 猛暑日に節電も限界、脱原発の行方やいかに »