« ヒバクの夏の夜空焦がせる遠花火 | トップページ | 5年ぶり、運転免許証の更新に往きて来たり »

2011/08/12

年に一度、墓参前日に食す昔ながらの支那そば

110812a

けふの東京駅ぞ、お盆で郷里に帰らむとする帰省客で、身動きもままならぬ混雑なりける。

余は新幹線に乗りて、故郷の新潟にやって来たり。

着くやいなや、まずは一目散に、街の中心部にひそかに佇むちさきラーメン屋に向かふ。

店の名は、三吉屋てふ。「昔そのものの味」と店の入口になむ、ちさく書かれたるに違わず、昔ながらの支那そばの味、頑強に守り続くる唯一の店なるぞかし。

客の途切れる時間帯なき人気店にして、入店待ちの客の一人や二人の外に居るは常なれど、いでや、けふは表に10人ほどが並び待てるは。

メニューは、ラーメン600円とチャシューメン700円、およびそれぞれの大盛りがメーンなり。麺は極細の縮れ麺で、スープは醤油の僅かに入りたる薄き塩味なり。

余がラーメン食らふは、年にただ一度、墓参の前日に、三吉屋に来る時のみなり。

世間広しと云へど、ここのラーメンに勝る味こそ、いづくにもなしと覚ゆれ。

こは、新潟の街中から、ケータイにてモブログで書ける。

BANYUU

|

« ヒバクの夏の夜空焦がせる遠花火 | トップページ | 5年ぶり、運転免許証の更新に往きて来たり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/52457199

この記事へのトラックバック一覧です: 年に一度、墓参前日に食す昔ながらの支那そば:

« ヒバクの夏の夜空焦がせる遠花火 | トップページ | 5年ぶり、運転免許証の更新に往きて来たり »