« 5年ぶり、運転免許証の更新に往きて来たり | トップページ | 落雷により、エレベーター動かず修理も能はず »

2011/08/23

新宿の老舗店に、ひた寄する時代の波

1108231a新宿の中にて、変貌著しき西口や南口に比べ、のびやかなる構へにて、昔の面影留めたる東口一帯は、紀伊国屋書店、伊勢丹本店、新宿中村屋、新宿高野なんど、あまたの新宿文化人育み来たりける老舗なむ多く並び居れる。

その老舗にも、昨今の時代の波、ひたひたと押し寄せたりけり。

印度カリー発祥の地てふ新宿中村屋は、建物の老朽化による改築に向け、10月19日を持ちて休業せむとの貼り紙なむ出でたる。

休業期間は3年後の平成26年秋までとぞ。

その間のレストラン営業は、新宿高野6階に仮店舗設けて続くるとや。

新宿高野6階には平成14年より、なだ万アプローズてふ創作和食の佳きレストランありけるに、こは8月末にて閉店すなると聞き、跡はいかならむと、ゆかしく思ひつるに、がてんなるぞかし。

1108232aけふ、新宿通りから伊勢丹に入らむと行けば、店舗休業日の札かかりたり。

伊勢丹本店ぞ、いみじかりし昔は水曜日ごと定休日なりて、三越の月曜日、小田急の木曜日とともに、定休日を週の平日に分散はかりて共存しつる。

さるを、百貨店同士の大競争時代迎へ、いつしかどの店も定休日廃止に踏み切りて、通年営業当たり前となりたる期間の長らく続けり。

伊勢丹の定休日復活なむ、大震災・原発事故の影響受けたる節電対策の一環なるとや。

とりあへず今回は8月のみの措置なりて、次回の定休日は30日の火曜日なるらし。

ひさびさに見ゆるデパートの定休日もまた、のんびりと社会のありやう考へる機会と思へば、これもまた良し。

8月のみと云はず、このまま火曜日定休を続くるとも、さほど不自由はなからむ。

他のデパートもなべて、週一回の定休日復活させなば、都市の光景も少しは落ち着きを取り戻すにやとこそ。

|

« 5年ぶり、運転免許証の更新に往きて来たり | トップページ | 落雷により、エレベーター動かず修理も能はず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/52548812

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿の老舗店に、ひた寄する時代の波:

« 5年ぶり、運転免許証の更新に往きて来たり | トップページ | 落雷により、エレベーター動かず修理も能はず »