« 簡単蒸し野菜、レンジにて5分間チンするのみ | トップページ | 年に一度、墓参前日に食す昔ながらの支那そば »

2011/08/06

ヒバクの夏の夜空焦がせる遠花火

110806夜になりて、いづくよりか、かすかなる音の聞こへて来たり。

ぽぽん、ことこと、ぽんぽん、とととん、ぽ、ぽ、ぽ。

ベランダの戸を開けて外を見れば、高き建物の横に半ば隠れるさまに、遠花火ぞ望める。

いでや、けふは神宮花火の日なりや。

昔は高き建物の少なきに、神宮花火はベランダ越しに、いみじう全景を見ることの叶ひけるものを。

遠花火は、ひたぶるに音の静やかにして、爆ぜるよりも一呼吸置きて、ぽぽんと鳴るがいとをかし。

けふは広島原爆の日なり。

フクシマ原発から放出されたる放射性物質なむ、ヒロシマ原爆の20個分なるぞ、とけふの天声人語に書ける。

原発とは、緩慢なる原爆なり。

原爆とは、急激なる原発なり。

重力と加速度が等価にして、観測上、区別するすべのあらざるが如く、原発と原爆は等価にして区別するすべは存在せず。

被爆と被曝もまた等価にして、区別することの能はずなるぞかし。

遠花火 ヒバクの夏の 夜を焼けり


 

|

« 簡単蒸し野菜、レンジにて5分間チンするのみ | トップページ | 年に一度、墓参前日に食す昔ながらの支那そば »

コメント

 何時ぞやのケノです。

 ぽぽん、とことこ、…: 遠方の花火のオノマトペ、なかなか良
いですね。当方も双眼鏡で花火見物をする種族です。昨日の土曜の
夜、近所で無理やりの夏祭があったのですが、ここは山中のため花
火はなし。遠方にある神戸港の花火を見て楽しみました。

 ときに、私の知合いに某医学部教授がいて、彼は若い頃チャルノ
ビリに入って20年間疫学調査をし、低量の放射線は発ガンリスクを
上げるものではないという報告書を書きました。その話を一部のメ
ディアに出したため叩かれていますが、事実とは別の、政治や利権
がらみがあるためかと私は想像しています。彼の発言を信じます。

 少しの安心と願いこめて、付句します。

     幾たびも子らに 夏祭あり


 政府がやらねばならなかったのは、早急に除染することでした。
それをせず、風評被害を広げるために情報や出荷禁止措置を小出し
にしています。あれは亡国のスパイ政権でしょう。無駄口ご免。

投稿: ケノ | 2011/08/07 13:00

返し

夏祭り 見へぬ線量 気づかひつ 子らの踊りの 輪にはいろ(=廃炉)かな

投稿: BANYUU | 2011/08/07 15:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/52408820

この記事へのトラックバック一覧です: ヒバクの夏の夜空焦がせる遠花火:

« 簡単蒸し野菜、レンジにて5分間チンするのみ | トップページ | 年に一度、墓参前日に食す昔ながらの支那そば »