« 落雷により、エレベーター動かず修理も能はず | トップページ | 大震災でベランダの外壁が剥離、半年後に気付けり »

2011/08/30

NHKが我が家のベランダより眺望撮影

110830

ちかごろ余の近辺にては、いみじきこと、いろいろと続きて起こりたり。

26日昼下がり、うちのマンションに、はではでしく落雷ありて、エレベーターなむ初めて停止したるに、夜9時ころやうやう回復せる。

翌27日は、一生の思い出となるらむ素晴らしき祝祭の宴に列席す。濃縮された時間のきらやかな流れと、非日常空間のきよらにして、さやけき様、げに夢の如し。

その余韻の醒めやらぬけふ、玄関のチャイム鳴る。

インターホン取りて聞けば、「NHKのディレクターにて候ふが、こはオーナー様にて候ふや」てふ。

ディレクターてふ言葉に興を持ちてドアを開け、「オーナーにはあらずも、いかなる用件なるや」と問へば、答へて云ふやう。

「番組に使用せむとて、北新宿わたりより超高層ビル望める光景、収録したく、このマンションの屋上からの眺め最適なりと見て、突然なるが、かやうに参り候ふ」とぞ。

屋上に上ること、管理組合に話通せば、容易ならむ、なんど説明するうち、ディレクター氏の云ふやう。「屋上ならずとも、こちらのベランダより高層ビルの望めるならば、こちらにて収録するも良しとこそ覚ゆれ」

名刺をいただきて、ベランダに案内すれば、「いでいで、ここからの光景、最適なるものを。とく撮影をばご許可願ひたく候ふ」と云はれ、余は「承り候ふ。いかなりとも、撮影されたし」と応じたり。

やがて撮影機材なんど運び込みて、3人のスタッフによりて、さまざまの角度から高層ビル方面を撮影していきたり。

番組は、日曜の朝8時25分からの「サキどり」で、けふ撮影せる映像は、北新宿で子育て支援する男性高齢者たちの話をまとめた番組に使用せむとぞ。

|

« 落雷により、エレベーター動かず修理も能はず | トップページ | 大震災でベランダの外壁が剥離、半年後に気付けり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/52606164

この記事へのトラックバック一覧です: NHKが我が家のベランダより眺望撮影:

« 落雷により、エレベーター動かず修理も能はず | トップページ | 大震災でベランダの外壁が剥離、半年後に気付けり »