« おせち予約に初雪の便り、はや年の瀬ムードか | トップページ | 叔父の人生閉じ、63年前の結婚式目に浮かぶ »

2011/09/24

光より速き素粒子用ひて、情報を過去に送れるにや

110924a科学に於ける大発見の、新聞の1面トップとなりけるためし、さほどあまたたびは無かりけむ。

けふの、光よりも速き素粒子発見のニュースなむ、朝日は1面左肩なれど、読売とサンケイは1面トップなる。

質量持つものは光速を超ゆる速さ持つこと能はずてふ、アインシュタインの相対性理論の根幹なす原則に矛盾し、現代物理学を根底から揺るがす可能性孕む衝撃の発見なりとぞ。

こは科学のみならず、哲学、思想はたまた世界とは何かについての思考にも、いみじう大転換を迫ること、必至ならずや。

光より速き粒子の意味せむ最大の深刻さは、因果律を破ることにこそあるらめ。

今回の観測によれば、ジュネーブ郊外から発射されたるニュートリノにとりて、370キロ離れたるイタリアの観測所に到達したるは、発射よりも早き時刻てふことになるらし。

新聞なんどにはタイムマシンの可能性、面白おかしゅう書き立つる記事もあり。

タイムマシンは無理とても、この素粒子を500個か1000個連ねて、モールス信号の如くに簡単なる情報を乗せることなむ、さほど難しくはなからむ。

そこで、地球の赤道を回れるほどの巨大サイクロン構築して、電報並みの短き情報乗せたるニュートリノのビーム、光速をいみじう上回るスピードにてサイクロンの中を周回させむものとす。

情報帯びたるニュートリノは、光速超へつる瞬間に視界からふっと消へゆき、そは過去へ過去へと、ひたぶるに時間を逆流し往くべし。

さて、かやうなる信号乗せて、ニュートリノを発射させむ。

「3ガツ11ニチ、ゴゴ2ジ46フン、ニホンノサンリクオキニテ、マグニチュード9.0ノキョダイジシン、ハッセイス。1000ネンニイチドノ、キョダイツナミ、エンガンヲオソフ。フクシマゲンパツ、バクハツシテ、ホウシャセイブッシツ、タイリョウニカクサンス」

サイクロンの能力の限界まで駆使するによりて、信号の届く日時ぞ、3月11日午後2時30分に設定す。

この信号受けつるとも、巨大地震や津波の発生は防ぐべくもあらず。

されど、津波に因る犠牲者、大幅に少なくすること能ひて、原発の最悪事態は阻止さるる可能性、なからずや。

因果律破るとも、神は目をつぶり給ふらむ。

過去に情報送る「ニュートリノ通信」、善きことのみにてあらずは、世の理ならむ。

戦争や犯罪に利用されなば、その結果の、げに恐ろしとこそ。

早くも、ペンタゴンとアルカイダの双方の、ニュートリノ通信に向け極秘の研究開始す、てふはそらごとにて、ゆめゆめ、まことの話にならずもがな。

|

« おせち予約に初雪の便り、はや年の瀬ムードか | トップページ | 叔父の人生閉じ、63年前の結婚式目に浮かぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/52819686

この記事へのトラックバック一覧です: 光より速き素粒子用ひて、情報を過去に送れるにや:

« おせち予約に初雪の便り、はや年の瀬ムードか | トップページ | 叔父の人生閉じ、63年前の結婚式目に浮かぶ »