« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011/10/29

上映初日の『ステキな金縛り』を堪能して来たり

111029余が映画館に足を運びたるは、1年9箇月も前の『アバター』を最後に、久しく途絶へにけり。

さるを、けふは上映初日の『ステキな金縛り』なむ、敢然と観に往きて来たる。

三谷幸喜監督作品の5作目なること、深津絵里と西田敏行の2大スター競演なることのほかに、余が惹かれたるは、タイトルの「金縛り」なりけるは。

たれしも、若き頃は金縛りの経験持つものなるてふに、余も10代から20代にかけて、ことのほか、頻繁に金縛りに遭ひたりき。

いみじう立て続けに金縛りに陥りたるは、高校の頃にて、寝入りばなの直後、もしくは目覚めむとする前にて、意識は覚醒したるに、体全体の痺れたるやうなる感覚に襲はれて、微とも動くこと能はず。

いかにせむとも、その状態から抜け出さずんば、心臓すら停止するにや、と恐怖に駆られ、せめて指の先なりとも動かさむ、と徒にもがきたりけり。

ひたぶるに強き金縛りに遭ひたるは、なでかアメリカ産の干し葡萄食らひたる日に多かりき。

こは、葡萄粒ぞ薬品のたぐひに漬けて、乾燥状態に施したるにや、と疑ひて、そののちは、干し葡萄食はぬやうになりけり。

さても、30代ころまでは、不意に金縛りに遭ひたること、ときおりありしが、歳を重ねたれば、金縛りそのものも、いつしか経験せぬやうになりぬ。

映画の金縛りは、落ち武者の幽霊なむ、一晩中、宿に泊まりたる男の上に跨りて、その男、動くこと能はざりけり、てふことから話の始まれり。

男、殺人事件の犯人とされて、無実を証明出来る者、落ち武者の幽霊のみなるとぞ。

最近はほとど映画観ざる余も、三谷監督作品の映画なむ、『ラジヲの時間』、『みんなのいえ』、『THE 有頂天ホテル』、『ザ・マジックアワー』なんどと観たりける。

今回の『ステキな金縛り』、これまでの最高傑作にして、まがふことなく三谷ワールドの真骨頂ならむ。

西田敏行の幽霊の面白さもさることながら、女弁護士として法廷で幽霊を証人に立て、被告の無実を訴へ続くる深津絵里の素晴らしさは、特筆ものなるべしとこそ。

映画不精となりたる余も、上映中にあと2回は観てみたしと覚ゆる傑作なるぞかし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/27

移動販売車のお寺カフェにて、写経付きコーヒーぞ

1110271a雲ひとつなき秋晴れに誘はれて、すずろに街を歩けるに、西新宿の超高層ビル群見上ぐる寺の門前に、お寺カフェなる移動販売車、留まりて営業したるに出遭ふ。

尋ぬれば、この寺を基本駐在場所と定めて、時折、ほかの寺にも出向きて営業したるとや。

ロータスカフェなる名にて、ロータスとは蓮華の意味なるとぞ。

お寺に移動カフェとはあな珍しやと、メニューみれば、ソフトドリンク類中心にて、中に写経付きコーヒー500円とあり、余はこれを注文してみたり。

席は参道の両脇に、はつかばかりの卓2つと、簡素なる椅子のあるのみなり。

写経は、この場にて行なふもよし、家に持ち帰りて行ひて、後日、この販売車に持参するもよし、てふ。

本来は、墨を磨りて筆にてすべきものなれど、現代にては筆ペンにて書くも構わぬものなりと、説明さるる。

1110272a余は、通りすがりにたまたま立ち寄りたれば、筆ペンだに持たずして、まさかボールペンにて写経せむも罰当たりならむと思ひ、家に持ち帰りたり。

写経済みたるもの販売車に持ち来れば、いかにするらむと聞けば、そは日蓮宗の総本山なる山梨県身延山の寺院に送りて供養せむとよ。

このお寺カフェ、近頃、若き人たちの間にて高まれるてふ仏教ブームとも、あながちに無関係にてはなからむとこそ。

仏女(ぶつじょ)なんどと呼ばるる仏教好きの女子たちの、たまり場になりゆく可能性、ありやなしや。

さても、雨の日なんどは、屋根もなきこのオープンカフェ、いかにすらむと、人ごとながら気になりけるは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/20

『時かけ』挿入歌二番の難解なる謎解きに挑む

3日前、本欄に書ける映画『時をかける少女』の挿入歌、『愛のためいき』の二番ぞ、ゆかしくも不思議の歌詞なる。

この二番の、人の心、揺り動かすは、ただに詩的なる単語を並べたる故にあらずして、深遠なる意味の隠れたる故ならずや。

ネットにて調ぶれども、この歌詞の根源に肉薄せる解釈、いまだ見当らず。

そこで余は、この歌の真に意味せむがところ、我なりに徹底的に考察しやうと思ひ立てり。

一番 モモ、クリ、三年、カキ八年
    ユズは九年で成り下る ナシのバカめが十八年

二番 愛の実りは、海の底
    空のため息、星くずが ヒトデと出会って、億万年

歌詞の一番は、何事をせむにもそれ相当の年数要せる、てふ意味なること云ふもさらなり。

二番の意味せむところぞ、一番の意味するところを敷延し深化させたるにや、と覚ゆる。

まず、「海の底」てふ言葉に着目し、こは地球における最初の原始生命の誕生したる場所が、深海の熱水噴出孔のやうなところと見られることを示すらむ、と見当つけたり。

謎解く上で最も重要なるキーワードは、「ヒトデ」にこそあらめ。

「ヒトデ」の意味するものは、星型あるひは五角形のものならむ。

地球に生命の誕生するにあたり、決定的なる役割を果たしたる五角形のものとは、何ぞや。

Dna_anim2Dna_animそこで、生命体の基本中の基本たる、蛋白質やDNAの関係したるにや、と着目して見む。

このアニメーション、ふたつとも二重螺旋なせるDNAの分子模型にて、左は美しき形なるも、五角形なるものの姿、目を凝らし見れば、ちらちらと見へ隠れするも、いまひとつ、さやかにてあらず。

ならば、分子構造のいくぶん分かり易き右のものは、いかがならむ。

五角形のもの、あまた回りゆくことの、鮮明に見へざるや。

この正体を探りゆくに、DNAの基幹部分を形成するデオキシリボースてふ糖の、五角形の環の形して、リン酸と塩基に結合するところまで、辿り着けり。

五角形の環の結合体(ヌクレオチド)の延延と続くる連鎖こそ、生命体の設計図にして遺伝情報の担い手なるDNAそのものなれ。

Photo

Photo_2

DNAとともに生命活動を担う、RNAの基幹をなすリボースてふ糖も、同様に五角形にて連鎖しゆくなり。

これにて、「ヒトデ」の正体、つひに明らかにされたり。

ウイルスから動植物、人間に至るまで、すべての生命体の持てるDNAなむ、「ヒトデ」の意味する中味なる。

地球上の生命体を構成する炭素、酸素などは、星の内部における核融合反応によりて生成され、星の死滅である超新星爆発によりて鉄、銅、塩素、亜鉛、リン、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどあまたの元素の作られたるとともに、宇宙空間にばら撒かれたり。

歌詞における「空のため息」とは、超新星爆発のことを詩的に表せるものにほかならずして、「星くず」とは、かくてばら撒かれたるあまたの物質のことならむ。

それらの物質がしだひに集まりて太陽系が生まれ、6億年から7億年もの長き歳月を要して作られたる、DNAやRNAと遭遇することにより、最初の生命につながりゆけり。

「ヒトデと出会って、億万年」とは、このことなるぞかし。

最初の生命誕生を、「愛の実り」と歌ひたるは、まさに珠玉の表現なるは。

この歌詞はまこと、地球に生命の誕生したるドラマを、短き詩に凝縮したる賛歌なり。

一個の細胞の中のDNAを延ばして繋ぐと、その長さは2メートルにもなるとぞ。

人間の体内には、60兆の細胞あり。

一人の人間が持つDNAのすべてを繋ぐと、太陽系を4、5周せむ長さになるとや。

我ら一人一人の体はそれぞれに、32億対の60兆倍てふ天文学的な数の五角形の連鎖を持てり。

太古より、人が夜空の星星を見上げたる時に、遠き故郷のやうな懐かしさを感じ、星の形を五角形と認識し続けきたるは、この故ならむとこそ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/17

何年ぶりかで柿を贖へば、億万年の時を駆ける

111017a秋深まりゆくけふ、柿をひとつ贖ひきたり。

余が柿を食らひたしと欲するは、数年ぶりのことなり。

柿を目の前に置きて、しばし眺めたり。

こは、派手派手しさの無き果物なるが、見入れば見入るほどに、セピア色の感覚覚ゆる。

ひとことにて柿を表現すれば「空」にして、その中に全宇宙を包みたるが如し。

柿の色は、経過したる時間の色なるぞかし。

大林宣彦監督作品の『時をかける少女』に、柿の出で来る歌ありき。

温室に水撒きながら、深町君(高柳良一)の歌ひ出せるやう。

♪ モモ、クリ、三年、カキ八年

芳山和子(原田知世)、合はせてデュエットにぞなれる。

♪ ユズは九年で成り下る ナシのバカめが十八年

これにて終はりかと思ひきや、深町君、さらに続けてかく歌へる。

♪ 愛の実りは、海の底
♪ 空のため息、星くずが ヒトデと出会って、億万年

和子は時折、ラララと合はせたりて、「素敵な詩なりや。われ、その歌にかやうなる続きのあること、知らざりけるは」と云ふ。

この挿入歌、『愛のためいき』てふタイトルにて、平田穂生作詞、大林監督自らの作曲によるものとぞ。

二人のデュエットぞ、映画における最も印象的なる場面なり。

柿一つ、時空を駆けて、秋の夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/09

身の丈3メートルの怪人とベビーカーの子ども

1110092a_2

けふは、秋深まりゆくこの時期恒例なる新宿芸術天国2011の開催されたり。

去年まで白塗りの怪人、この天国に出現したりけるに、今年は黄金色の怪人ぞ登場せる。

こは、ダークラクーてふフランスからの招聘ゲストなるらし。

去年までの白き怪人の、ひたぶるに無表情にて不気味なるに、今年の黄金怪人、どことなう人間臭さ発揮したるこそ、をかしけれ。

長き手にて、観客のオバハンの帽子つまみ上げ、高き鉄柱の上にかけて、あとは知らんぷりとよ。

かと思へば、いきなり路上にキャンデーばら撒きて、観客の子どもら、わっと拾ひ回りて、喜ぶことなのめならず。

あまつさへ、観客の中より、ベビーカーを子どもごと奪ひて、押して歩けり。

ベビーカー奪はれたる母親、慌てるどころか、ケータイ取りだして、怪人とベビーカーの、記念撮影になむ、夢中となれる。

子どもは眠りたるにあらぬを、泣くでなく騒ぐでなく、怪人の押せるベビーカーにて心地良げなるぞかし。

こは怪人にあらずして、快人なるや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/02

叔父の人生閉じ、63年前の結婚式目に浮かぶ

111002a余が、かの田舎を訪れたるは、じつに40数年ぶりのことなるは。

2時間に1本ほどのローカル線は、客もまばらにて、降りたるところは無人駅なり。

改札口もなく、用済みの切符入るるちさき小箱のあるのみなり。

駅前にはタクシーもおらず、タクシー営業所のいづくにあるやも知れず。

地図を頼りに、ひたすらに歩き往けり。

しばし往くに、「迎接式」と書かれたる看板なむ見へ来たる。

迎接式とは聞かぬ言葉なるに、こは浄土宗における告別式のことなるらし。

読み方は、「ごうしょうしき」とぞ、後から知る。

叔父の結婚式の様子、余はまだ5歳ほどなるを、母に連れられて参列せしに、まざまざと記憶に残れり。

囲炉裏のある古き農家にて、そは盛大に行はれたりき。

家に入りきれぬほどあまたの客が居並び、それぞれの前には、二の膳付きの祝ひ膳が据えられたるぞ。

子どもなる余の前にも、大人と同じ膳ありて、いと大きなる鯛のありしが、いまなほ目に浮かべる。

その時、叔父は22歳くらいかとぞ。

花嫁もほぼ同じ年頃にて、その清らにして、さやけき姿、子ども心にも、いみじうまぶしく映りたりき。

それから、63年の間、さまざまな風雪乗り越へて、夫婦は3人の子どもや孫たちに恵まれ、年輪を刻みて歳を重ね来たり。

数日前のこと、叔父はその日も元気にて、テレビの水戸黄門を見ばや、てふ話をしたるに、突然倒れたるとぞ。

長年連れ添ひたる妻と、言葉交はす間もなく、叔父はそのまま帰らぬ人となりにけり。

享年、数へ86歳なり。

叔父の妻なむ、訪れたる余の手をしかと握りしめたり。

「あなや、苦しまずに逝きたるが、せめても良かりしこととこそ」てふ。

かの日の美しかりし花嫁、いまなむ二周りも三周りもちさくなりて、可愛き嫗となりつる。

歳月は移り往き、それぞれの人生も、少しずつ変遷重ね往けり。

いま現在起きつることども、またたく間に近過去となりて、やがて過去となり、そのまま歴史となりぬ。

遠き未来も、急速に近未来となりて、足早に現在となるも、そは一瞬のことにほかならぬとこそ、思ひ知るべけれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »