« 何年ぶりかで柿を贖へば、億万年の時を駆ける | トップページ | 移動販売車のお寺カフェにて、写経付きコーヒーぞ »

2011/10/20

『時かけ』挿入歌二番の難解なる謎解きに挑む

3日前、本欄に書ける映画『時をかける少女』の挿入歌、『愛のためいき』の二番ぞ、ゆかしくも不思議の歌詞なる。

この二番の、人の心、揺り動かすは、ただに詩的なる単語を並べたる故にあらずして、深遠なる意味の隠れたる故ならずや。

ネットにて調ぶれども、この歌詞の根源に肉薄せる解釈、いまだ見当らず。

そこで余は、この歌の真に意味せむがところ、我なりに徹底的に考察しやうと思ひ立てり。

一番 モモ、クリ、三年、カキ八年
    ユズは九年で成り下る ナシのバカめが十八年

二番 愛の実りは、海の底
    空のため息、星くずが ヒトデと出会って、億万年

歌詞の一番は、何事をせむにもそれ相当の年数要せる、てふ意味なること云ふもさらなり。

二番の意味せむところぞ、一番の意味するところを敷延し深化させたるにや、と覚ゆる。

まず、「海の底」てふ言葉に着目し、こは地球における最初の原始生命の誕生したる場所が、深海の熱水噴出孔のやうなところと見られることを示すらむ、と見当つけたり。

謎解く上で最も重要なるキーワードは、「ヒトデ」にこそあらめ。

「ヒトデ」の意味するものは、星型あるひは五角形のものならむ。

地球に生命の誕生するにあたり、決定的なる役割を果たしたる五角形のものとは、何ぞや。

Dna_anim2Dna_animそこで、生命体の基本中の基本たる、蛋白質やDNAの関係したるにや、と着目して見む。

このアニメーション、ふたつとも二重螺旋なせるDNAの分子模型にて、左は美しき形なるも、五角形なるものの姿、目を凝らし見れば、ちらちらと見へ隠れするも、いまひとつ、さやかにてあらず。

ならば、分子構造のいくぶん分かり易き右のものは、いかがならむ。

五角形のもの、あまた回りゆくことの、鮮明に見へざるや。

この正体を探りゆくに、DNAの基幹部分を形成するデオキシリボースてふ糖の、五角形の環の形して、リン酸と塩基に結合するところまで、辿り着けり。

五角形の環の結合体(ヌクレオチド)の延延と続くる連鎖こそ、生命体の設計図にして遺伝情報の担い手なるDNAそのものなれ。

Photo

Photo_2

DNAとともに生命活動を担う、RNAの基幹をなすリボースてふ糖も、同様に五角形にて連鎖しゆくなり。

これにて、「ヒトデ」の正体、つひに明らかにされたり。

ウイルスから動植物、人間に至るまで、すべての生命体の持てるDNAなむ、「ヒトデ」の意味する中味なる。

地球上の生命体を構成する炭素、酸素などは、星の内部における核融合反応によりて生成され、星の死滅である超新星爆発によりて鉄、銅、塩素、亜鉛、リン、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどあまたの元素の作られたるとともに、宇宙空間にばら撒かれたり。

歌詞における「空のため息」とは、超新星爆発のことを詩的に表せるものにほかならずして、「星くず」とは、かくてばら撒かれたるあまたの物質のことならむ。

それらの物質がしだひに集まりて太陽系が生まれ、6億年から7億年もの長き歳月を要して作られたる、DNAやRNAと遭遇することにより、最初の生命につながりゆけり。

「ヒトデと出会って、億万年」とは、このことなるぞかし。

最初の生命誕生を、「愛の実り」と歌ひたるは、まさに珠玉の表現なるは。

この歌詞はまこと、地球に生命の誕生したるドラマを、短き詩に凝縮したる賛歌なり。

一個の細胞の中のDNAを延ばして繋ぐと、その長さは2メートルにもなるとぞ。

人間の体内には、60兆の細胞あり。

一人の人間が持つDNAのすべてを繋ぐと、太陽系を4、5周せむ長さになるとや。

我ら一人一人の体はそれぞれに、32億対の60兆倍てふ天文学的な数の五角形の連鎖を持てり。

太古より、人が夜空の星星を見上げたる時に、遠き故郷のやうな懐かしさを感じ、星の形を五角形と認識し続けきたるは、この故ならむとこそ。

|

« 何年ぶりかで柿を贖へば、億万年の時を駆ける | トップページ | 移動販売車のお寺カフェにて、写経付きコーヒーぞ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/53038231

この記事へのトラックバック一覧です: 『時かけ』挿入歌二番の難解なる謎解きに挑む:

« 何年ぶりかで柿を贖へば、億万年の時を駆ける | トップページ | 移動販売車のお寺カフェにて、写経付きコーヒーぞ »