« 叔父の人生閉じ、63年前の結婚式目に浮かぶ | トップページ | 何年ぶりかで柿を贖へば、億万年の時を駆ける »

2011/10/09

身の丈3メートルの怪人とベビーカーの子ども

1110092a_2

けふは、秋深まりゆくこの時期恒例なる新宿芸術天国2011の開催されたり。

去年まで白塗りの怪人、この天国に出現したりけるに、今年は黄金色の怪人ぞ登場せる。

こは、ダークラクーてふフランスからの招聘ゲストなるらし。

去年までの白き怪人の、ひたぶるに無表情にて不気味なるに、今年の黄金怪人、どことなう人間臭さ発揮したるこそ、をかしけれ。

長き手にて、観客のオバハンの帽子つまみ上げ、高き鉄柱の上にかけて、あとは知らんぷりとよ。

かと思へば、いきなり路上にキャンデーばら撒きて、観客の子どもら、わっと拾ひ回りて、喜ぶことなのめならず。

あまつさへ、観客の中より、ベビーカーを子どもごと奪ひて、押して歩けり。

ベビーカー奪はれたる母親、慌てるどころか、ケータイ取りだして、怪人とベビーカーの、記念撮影になむ、夢中となれる。

子どもは眠りたるにあらぬを、泣くでなく騒ぐでなく、怪人の押せるベビーカーにて心地良げなるぞかし。

こは怪人にあらずして、快人なるや。

|

« 叔父の人生閉じ、63年前の結婚式目に浮かぶ | トップページ | 何年ぶりかで柿を贖へば、億万年の時を駆ける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/52947732

この記事へのトラックバック一覧です: 身の丈3メートルの怪人とベビーカーの子ども:

« 叔父の人生閉じ、63年前の結婚式目に浮かぶ | トップページ | 何年ぶりかで柿を贖へば、億万年の時を駆ける »