« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011/12/28

昔の仕事仲間の女性たちと、珠玉の時持てり

Party001c年の瀬、昔の仕事仲間の女性たち、余の家に集ひて、同窓忘年クリスマス会なむ開催せる。

あまたの懐かしき顔ぶれ、歳月を経るもみな、うるはしく清らなりて、夢のやうなるひとときを過ぐす。

余にとりては、ほぼ15年ぶりの再会となるひともいて、ひたぶるに感無量なるは。

数日ののち、欧州より一時帰国したる女性迎へて、みなで再び、集ひたり。

ふたつの同窓会、いみじう盛り上がりて、時の経つ速さの、うらめしとこそ覚ゆれ。

時よとまれ汝は美しき。

持つべきは佳き仕事仲間かな。

あらたまの年もまた、これらのメーバーにて、きと再会を果たさむ。

(写真は絵画風に画像処理なむ施せる)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/21

朝日新聞号外にて振り返る2011年 その3(追補)

師走も押し迫れる中、突然の重大ニュースぞ世界を駆け巡れる。余のブログ恒例の「朝日新聞号外にて振り返る‥」掲載後に、新たなる号外出でむこと、この企画開始せる2006年以降初のことなり。今回は追補として掲載す。

111221a_2

12月19日 朝鮮中央放送は19日正午から特別放送を行ひ、北朝鮮の最高指導者、金正日(キム・ジョンイル)総書記の、17日朝、現地指導に向かふ列車の中にて急死したると伝へたり。金総書記なむ、94年に死去したる父の金日成国家主席の後を継ぎ、軍事優先の独裁体制敷きて、強権的なる国家運営進めたるも、国際社会から孤立、慢性的なる経済不振から脱却すること、つひに能はざる。後継は三男の正恩(ジョンウン)氏決まりたるも、若く未知数の後継者への権力移行を不安視する声少なからずして、核開発や拉致問題の行方は油断許さぬ情勢なるぞかし。


【過去の関連記事】
朝日新聞号外にて振り返る2011年 その1
朝日新聞号外にて振り返る2011年 その2
朝日新聞号外にて振り返る2010年 その1
朝日新聞号外にて振り返る2010年 その2
朝日新聞号外にて振り返る2009年 その1
朝日新聞号外にて振り返る2009年 その2
朝日新聞号外で振り返る2008年 その1
朝日新聞号外で振り返る2008年 その2
朝日新聞号外で振り返る2008年 その3
朝日新聞号外で振り返る2007年
朝日新聞号外で振り返る2006年

とっておき号外に見るあの時(1)-昭和の終焉
とっておき号外に見るあの時(2)-元号は平成
とっておき号外に見るあの時(3)-湾岸戦争
とっておき号外に見るあの時(4)-毛沢東の死
とっておき号外に見るあの時(5)-ロッキード事件
とっておき号外に見るあの時(6)-空の大惨事
とっておき号外に見るあの時(7)-樺美智子さんの死


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/18

階段踏み外して転倒し、贖ひたる陶器ぞ粉砕せる

111218けふは、新宿駅のコンコースから地下通路へ降りる階段を、何とはなしに歩きつつ、無意識のうちに足踏めば、あと1段あるを飛ばしたりけり。

あなや、と気付きたるも遅く、余の体は宙を舞ひ、もんどり打ちひっくり返りて、固き床に勢ひよく、どうと倒れぬ。

余の人生にて、これほど派手に転倒したりけるは、初めてのことにて、亀の甲羅の裏反したるが如く、無様な仰向けとなれり。

もこもこのダウンジャケットのおかげにや、すんでのところで後頭部を床に打ちつけざることこそ、幸ひなれ。

あまたの通行人ら、一斉に余を見やりて、ばつの悪きこと、このうへなし。

やうやう起き上がりつつ、まずはケータイの壊れざるかを確かむるも、とくにこぼちたる様には見へず。

そこで余が、はたと気付けるは、はつかに30分ほど前、陶器を贖ひて手に持ちたりけることぞかし。

売り場の人、丁寧に新聞紙に包みて、さらに袋に入れてくれたるに、その陶器は無事なりや否や。

袋、軽く振りてみれば、かちゃかちゃと音のするは、何事ぞ。

家に帰りて、袋の新聞紙広げたれば、オーマイガッド!

贖ひたるばかりの陶器、見事に砕け割れたるは。

しばし破片かき集めて眺むるも、覆水盆に戻らずよりもなほのこと、元に戻るはずのあろうかは。

されど、ものごとはみな、考へやうなり。

この陶器、余の後頭部の身代はりとなりて、割れてくれたにこそあなれ、と思へばまた、有り難きこと限りなきかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/12/09

朝日新聞号外にて振り返る2011年 その1

今年も残すは20日余りとなれり。このブログの恒例なる「朝日新聞号外にて振り返る2011年」にて、今年1年を振り返りてみたし。

この年末恒例企画で紹介せし号外は、2006年が8件、2007年が4件、2008年は北京五輪金メダルあまたありて18件、一昨年2009年は10件、昨年2010年は11件なりき。

今年2011年は、東日本大震災てふ1000年に一度の大惨事ありけるも、号外の数は予想外に少なくして、はつかに7件に終はんぬ。

腑に落ちぬは、全国紙、地方紙ともに、福島原発事故に関する号外の、1件も発行せざることなるぞかし。

その訳を推測するに、発生当初の情報隠蔽、その後のデータの小出し、健康被害なきことの根拠乏しき強調、なんどによるかとぞ。

されど、はたしてそれのみなるにや。

原発爆発や炉心溶融の号外配布により、首都圏での大パニック起ること必定ならむとして、新聞社自らが号外発行の抑制したることなきや。

このブログでは、今年の朝日号外を掲載するにあたり、番外として原発事故発生直後の、通常紙面の1面を併せて掲載す。

日付は、号外および通常紙面の発行されし日付なり。

2011_001a

3月11日 午後2時46分、三陸沖の極めて広き範囲を震源とせる巨大地震発生す。これに伴う巨大津波、東北から関東の沿岸に襲ひかかりて、未曾有の大惨事となりぬ。地震の規模は当初M8.4と発表されたるに、やがて8.8からさらに9.0と修正されて、我が国の観測史上最大なること判明したり。死者は12月現在で、宮城、岩手、福島をはじめとする12都道県にて1万5000人を越へ、いまなほ3500人以上が行方不明者のままなりけり。

次の4件は、号外にあらず、通常紙面の1面なり。

2011_002a

3月13日朝刊 福島原発事故は、地震発生から丸一日経過せる12日午後3時36分、1号機にて爆発音を伴ふ水素爆発の発生したる、と経済産業省の原子力安全・保安院の発表したりて、やうやう深刻さの明らかになりゆけり。政府、東電とも、すでに炉心溶融の可能性なむ認むる。


2011_003a

3月14日夕刊 14日午前11時ごろ、福島原発は1号機に続きて、3号機も水素爆発を起こし、事故の危機的なる状況に、国民はもとより世界が震撼す。この段階におきても、政府は「放射性物質の大量に飛散したる可能性は低し」と強調する説明ぞ、懸命に繰り返し続くる。


2011_004a

3月15日朝刊 福島原発は1号機、3号機の水素爆発に続き、14日には2号機の燃料棒の露出したりて空焚き状態となれり。政府は1号機、2号機、3号機ともに炉心溶融の可能性高しとして、放射性物質を高濃度に含む蒸気の、大気中への放出に踏み切る決断を下せり。


2011_005a

3月15日夕刊 福島原発は15日午前6時ごろに、2号機にて爆発音あり。さらに地震発生時には運転停止中の4号機も、火災の発生したりて、1号機から4号機までが制御不能となれる。放射性物質の大量飛散の恐れ現実のものとなり、東京を含む各地にて高き放射線量、観測したる。この時点にては、フクシマの事故がレベル7にて、1986年のチェルノブイリ事故と並び、世界最悪の原発事故なるとは、国民に知らさるること、つゆもなかりけるは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日新聞号外にて振り返る2011年 その2

2011_006a

5月2日 オバマ米大統領は1日夜、国際テロ組織アルカイダ指導者たるオサマ・ビンラディン容疑者、パキスタンにおけるアメリカ軍の作戦により死亡したる、と緊急声明を発表。2001年9月11日の同時多発テロの首謀者とみなされきたるにより、この発表受けNYのWTC跡地にては数千人の群集、歓喜の声上ぐる。遺体はイスラム教の教義に反して水葬に付され、この措置に対して疑問の声も残れり。


2011_007a

6月2日 菅政権が震災対応や原発事故対応に追はるる中、自民・公明は内閣不信任案提出し、民主内部にても小沢、鳩山グループの同調せる動きあり。窮地に立てる菅首相、「震災対応に目途つきたる段階にて、若き世代に責任引継ぎてもらひたし」と表明し、不信任案はからうじて否決されたり。菅首相、7月13日には「原発に依存せぬ社会目指すべし」と表明して反響呼ぶも、辞任の時期めぐりて、政局はごたごたが続き、8月26日に辞任表明に至れり。


2011_008a

7月5日 松本復興担当相は、震災被災地訪れたる際の一連の放言の責任取りて、5日午後辞任を表明。松本氏は、岩手の達増知事との会談にて、「東北の何市がいずこの県とかや知らざるぞ」と発言。宮城の村井知事には「県にてコンセンサス取れや。さらずば、我々は何もせぬぞ」「お客の来る時は、自らが入ってから客呼べよ。分かりたるか」なんどと叱責。この様子、ニュースにて繰り返し放映されて、「何様のつもりなるや」と、被災地は云ふもさらなり、強き反発呼びたりけり。


2011_009a

7月14日 フランクフルトにて13日に開催されたるサッカー女子W杯準決勝で、なでしこジャパンはスウェーデンを破りて初の決勝進出を決めたり。この試合、日本は先制を許すも、得意のパスサッカー生かし、川澄のゴールにて同点とし、沢が勝ち越し点、さらに川澄が追加点を挙げて3-1で快勝す。


2011_010a

7月18日 この日の日本時間未明に行はれたるサッカー女子W杯の決勝、なでしこの相手なむ、世界ランキング1位にて対戦成績0勝21敗3分と1度も勝つこと能はざりける強豪アメリカなる。なでしこは、終始アメリカの猛攻にさらされるも、延長戦を2-2で終へてPK戦に持ち込めり。キーパー海堀は米国1人目のシュートを右足1本にて神がかり的スーパーセーブ、これにて流れを日本に引き寄せ、歴史的初優勝を決めたり。沢はMVPと得点王にぞ輝ける。惨憺たる出来事の続きたる今年、なでしこの快挙なむ日本人に感動と希望、勇気を与へて社会現象となれる。「なでしこジャパン」は今年の新語・流行語大賞に選ばれたり。


2011_011a

8月29日 菅直人氏の後継選ぶ民主党代表選の投票、29日行なはれ、野田佳彦氏が新代表に選出さる。30日、衆参両院の首班指名選挙におきて、第95代内閣総理大臣となれり。自らを「どじょう」になぞらへてスタート切るも、低姿勢の安全運転に徹するあまり、「何を為さんとするにや、いっかうに伝はらず」てふ辛き評も。内閣の前には、待ったなしの社会保障改革、その財源となるべく消費税なんどの大増税、国論を二分したるTPP参加問題、行き詰まりの普天間基地移設問題、等々、難題ぞ山積したる。


【過去の関連記事】
朝日新聞号外にて振り返る2010年 その1
朝日新聞号外にて振り返る2010年 その2
朝日新聞号外にて振り返る2009年 その1
朝日新聞号外にて振り返る2009年 その2
朝日新聞号外で振り返る2008年 その1
朝日新聞号外で振り返る2008年 その2
朝日新聞号外で振り返る2008年 その3
朝日新聞号外で振り返る2007年
朝日新聞号外で振り返る2006年

とっておき号外に見るあの時(1)-昭和の終焉
とっておき号外に見るあの時(2)-元号は平成
とっておき号外に見るあの時(3)-湾岸戦争
とっておき号外に見るあの時(4)-毛沢東の死
とっておき号外に見るあの時(5)-ロッキード事件
とっておき号外に見るあの時(6)-空の大惨事
とっておき号外に見るあの時(7)-樺美智子さんの死

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/04

富士見坂ならぬ我が家から、富士山望める幸運

111204a江戸時代の古地図によれば、富士見坂と名の付ける坂、江戸に15ありけるとぞ。

明治大正期には、道路や坂の整備進みて、富士見坂は20箇所になむ増しける。

現在、23区内に在する富士見坂は、23箇所なるらしきを、実際に富士の望めるは、はつか2箇所のみてふ。

うち文京区護国寺の富士見坂は、ビルの隙間から、からふじて富士の一部が見ゆるのみにて、富士山と認むる姿の望めるは、荒川区の西日暮里富士見坂ただ1箇所なり。

それも、10年余前にマンション建設に因りて、左半分隠れ、いま右半分のみ望めるを、さらにいま、大手不動産会社による超高層建築の計画ありて、やがてつゆほども見ること能はずなるべしとや。

住民ら、日暮里富士見坂を守る会なむ結成し、区長や区議会なんどに働きかけ、NHKのニュースウォッチ9にても取り上げられたり。

世界的にも、その国の最高峰の、首都よりさやかに望めるは稀有のことなりて、「眺望遺産」と位置付けるべしとの声も少なからず。

かやうに富士の眺望、東京からつぎつぎに消へゆく中、余の家からは奇跡的に、富士山の優美なる姿、ちとも欠くることなく望みたり。

こは、偶然の幸運としか云ひ様のなく、あまたの方向に超高層ビルの林立し増殖しゆく中、たまたま富士の方向に、これまで高層建築の建たざりけるによれり。

願はくは、この方向には、末々までも高層建築の建つることなく、居ながら四季折々の富士を眺めつつ、のどかに暮らしたしとこそ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »