« 階段踏み外して転倒し、贖ひたる陶器ぞ粉砕せる | トップページ | 昔の仕事仲間の女性たちと、珠玉の時持てり »

2011/12/21

朝日新聞号外にて振り返る2011年 その3(追補)

師走も押し迫れる中、突然の重大ニュースぞ世界を駆け巡れる。余のブログ恒例の「朝日新聞号外にて振り返る‥」掲載後に、新たなる号外出でむこと、この企画開始せる2006年以降初のことなり。今回は追補として掲載す。

111221a_2

12月19日 朝鮮中央放送は19日正午から特別放送を行ひ、北朝鮮の最高指導者、金正日(キム・ジョンイル)総書記の、17日朝、現地指導に向かふ列車の中にて急死したると伝へたり。金総書記なむ、94年に死去したる父の金日成国家主席の後を継ぎ、軍事優先の独裁体制敷きて、強権的なる国家運営進めたるも、国際社会から孤立、慢性的なる経済不振から脱却すること、つひに能はざる。後継は三男の正恩(ジョンウン)氏決まりたるも、若く未知数の後継者への権力移行を不安視する声少なからずして、核開発や拉致問題の行方は油断許さぬ情勢なるぞかし。


【過去の関連記事】
朝日新聞号外にて振り返る2011年 その1
朝日新聞号外にて振り返る2011年 その2
朝日新聞号外にて振り返る2010年 その1
朝日新聞号外にて振り返る2010年 その2
朝日新聞号外にて振り返る2009年 その1
朝日新聞号外にて振り返る2009年 その2
朝日新聞号外で振り返る2008年 その1
朝日新聞号外で振り返る2008年 その2
朝日新聞号外で振り返る2008年 その3
朝日新聞号外で振り返る2007年
朝日新聞号外で振り返る2006年

とっておき号外に見るあの時(1)-昭和の終焉
とっておき号外に見るあの時(2)-元号は平成
とっておき号外に見るあの時(3)-湾岸戦争
とっておき号外に見るあの時(4)-毛沢東の死
とっておき号外に見るあの時(5)-ロッキード事件
とっておき号外に見るあの時(6)-空の大惨事
とっておき号外に見るあの時(7)-樺美智子さんの死


|

« 階段踏み外して転倒し、贖ひたる陶器ぞ粉砕せる | トップページ | 昔の仕事仲間の女性たちと、珠玉の時持てり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/53535671

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞号外にて振り返る2011年 その3(追補):

« 階段踏み外して転倒し、贖ひたる陶器ぞ粉砕せる | トップページ | 昔の仕事仲間の女性たちと、珠玉の時持てり »