« 霜月も残り数日なるに、いまなほ朝顔の咲けり | トップページ | 朝日新聞号外にて振り返る2011年 その2 »

2011/12/04

富士見坂ならぬ我が家から、富士山望める幸運

111204a江戸時代の古地図によれば、富士見坂と名の付ける坂、江戸に15ありけるとぞ。

明治大正期には、道路や坂の整備進みて、富士見坂は20箇所になむ増しける。

現在、23区内に在する富士見坂は、23箇所なるらしきを、実際に富士の望めるは、はつか2箇所のみてふ。

うち文京区護国寺の富士見坂は、ビルの隙間から、からふじて富士の一部が見ゆるのみにて、富士山と認むる姿の望めるは、荒川区の西日暮里富士見坂ただ1箇所なり。

それも、10年余前にマンション建設に因りて、左半分隠れ、いま右半分のみ望めるを、さらにいま、大手不動産会社による超高層建築の計画ありて、やがてつゆほども見ること能はずなるべしとや。

住民ら、日暮里富士見坂を守る会なむ結成し、区長や区議会なんどに働きかけ、NHKのニュースウォッチ9にても取り上げられたり。

世界的にも、その国の最高峰の、首都よりさやかに望めるは稀有のことなりて、「眺望遺産」と位置付けるべしとの声も少なからず。

かやうに富士の眺望、東京からつぎつぎに消へゆく中、余の家からは奇跡的に、富士山の優美なる姿、ちとも欠くることなく望みたり。

こは、偶然の幸運としか云ひ様のなく、あまたの方向に超高層ビルの林立し増殖しゆく中、たまたま富士の方向に、これまで高層建築の建たざりけるによれり。

願はくは、この方向には、末々までも高層建築の建つることなく、居ながら四季折々の富士を眺めつつ、のどかに暮らしたしとこそ。

|

« 霜月も残り数日なるに、いまなほ朝顔の咲けり | トップページ | 朝日新聞号外にて振り返る2011年 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/53402669

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見坂ならぬ我が家から、富士山望める幸運:

« 霜月も残り数日なるに、いまなほ朝顔の咲けり | トップページ | 朝日新聞号外にて振り返る2011年 その2 »