« 昔の仕事仲間の女性たちと、珠玉の時持てり | トップページ | 梅一輪一輪ほどのあたたかさ »

2012/01/01

つつしみて2012年の新春を寿ぎ奉る

Nenga2012a

あらたまの年立ちぬれば、めでたきこと、なのめならず。

ここにかしこみて、はつはるを寿ぎ奉る。

けふは空のけしき、うらうらとのどかなりて、薄雲の中から輝ける日も燦燦として、大気の一新されたる心地す。

今年2012年はいかなる年になるらむ。

かへりみれば、こぞはひたぶるに、あさましう辛き年なりけり。

大地震、大津波、原発大事故、政治の無策、とうに破綻せる財政、経済の低迷、少子高齢化の加速、等々。

何重にも絡み合ひ縺れる閉塞状況の中、われらの行く手に待ち受くるは、いかなる未来ぞ。

世の中の平穏安泰にして、ひともわれもみな無病息災に、一日一日をつつがなく過ぐさるることを、願ふのみなり。

2012年は、ひともわれも、みなみな健やかに穏やかに過ぐせる1年とならまほし、とこそ。

|

« 昔の仕事仲間の女性たちと、珠玉の時持てり | トップページ | 梅一輪一輪ほどのあたたかさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/53607826

この記事へのトラックバック一覧です: つつしみて2012年の新春を寿ぎ奉る:

« 昔の仕事仲間の女性たちと、珠玉の時持てり | トップページ | 梅一輪一輪ほどのあたたかさ »