« 春風待ちかね、一足先に確定申告して来たり | トップページ | 車内や飲食店に咳する客多く、感染いかに防ぐべき »

2012/02/03

節分から節分までの1年、いみじう短き訳は

120203a余がここ十数年といふもの、年ごとに漠然と感じたるは、節分から節分までの1年の、ひたぶるに短うて、こはなんぞの訳によるにや、と怪しき心地のする。

この短きこと、節分から翌年の節分にのみ当てはまりて、たとへば元旦から元旦までや、七夕から七夕までなんど、ほかのもろもろの節目の間隔は、常の1年の長さと異ならず。

毎年、節分の近づくころになると、いでいで、はや節分の時期なるか、こはひたぶるに短きかな、と驚けること、しきりなり。

余は、この理由につきて、長年、考察したりけるに、やうやう一つの結論に達したるぞ。

その訳てふは、鬼たちが、人間の時間なむ密かに奪ひ取り続けたるに因れる。

鬼たちはもともと、人間の空想による産物にして、己らの時間を持たざる存在なり。

さるを、いつのころからか、鬼仲間の間にて、時間てふものは妙味あるものにして、なかなかに面白きものなりてふ噂の広まりつ。

時間あらば、その間なりとも実在のものとして、楽しみ愉悦に浸ること叶ふべしとて、鬼たちは人間の時間を奪ふことに夢中になりたりけり。

来年のこと云ふ人間からは、とりわけ時間奪ひ易しとて、鬼はにんまりと笑ひてぞ近づける。

人間から奪ひ取りたる時間を使ひて、鬼たちの為すことは、ほとど酒盛りなるは。

あまたの時間、取りたれば、鬼たちの数どんどん増しゆきて、呑めや歌へのどんちゃんさわぎは、昼夜を分かたず。

かくて、節分から節分までの1年の大半、鬼たちに取られるによりて、短くなりにけり。

けふの夜は、鬼たちの酒盛り、クライマックスとなれるとや。

|

« 春風待ちかね、一足先に確定申告して来たり | トップページ | 車内や飲食店に咳する客多く、感染いかに防ぐべき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/53891067

この記事へのトラックバック一覧です: 節分から節分までの1年、いみじう短き訳は:

« 春風待ちかね、一足先に確定申告して来たり | トップページ | 車内や飲食店に咳する客多く、感染いかに防ぐべき »