« 春分の日、季節外れの生柿は甘露なるかな | トップページ | テレビ2台とも受信出来ず、EVホールの灯りも消ゆ »

2012/03/26

金星、三日月、木星が一直線に並びたり

1203262aa1203261aa今宵、西の空に、金星、三日月、木星の順に、縦に一直線に並ぶ光景の出現したりて、いみじう見ものなりけるは。

金星と木星の間に、細き月の割り入りたるは、げに幻想的にして、なにやら不思議の徴の如し。

この姿、今宵限りのものにて、明日の宵には、三日月の形やや太くなり、三者の並び順、三日月、金星、木星となるべし。

すべてのものは、少しずつ動きゆきて、定まるところなし。

天に於いてしかり。いはむや地上に於いてをや。


N饗アワー、昨夜の放送をもちて、32年間続きたりける長寿番組の幕を降ろせり。

新宿三越の三越アルコットと名を変へて営業したるが、今月限りにて82年の歴史、閉じるとぞ。

始まりのあるもの、いつか必ず終はること、この世の必定ならむとこそ。

|

« 春分の日、季節外れの生柿は甘露なるかな | トップページ | テレビ2台とも受信出来ず、EVホールの灯りも消ゆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/54315844

この記事へのトラックバック一覧です: 金星、三日月、木星が一直線に並びたり:

« 春分の日、季節外れの生柿は甘露なるかな | トップページ | テレビ2台とも受信出来ず、EVホールの灯りも消ゆ »