« 『ヒューゴの不思議な発明』を観て来たり | トップページ | 今宵の西空に、金星と木星の最接近を見ゆ »

2012/03/11

3.11の記憶、壊れしままのガラスの天使

120311sa去年のあの日、東京にても震度5強の揺れに、余の部屋と云ふ部屋、棚の上、棚の中の物ども、いみじう落下しまくりて、食器やグラス類、あまた割れ毀ちたりき。

それらの落下物や破損物、いつしかやうやう片付きゆきて、いまは大震災の記憶残すもの、家の中にはほとど無くなりけり。

からうじて当時の記憶留めたるは、リビングの飾り棚なるガラス細工の天使なり。

背に丸き光の輪と羽根ありて、両手にてろうそく持ちたる姿なりき。

こは、ムラーノ製のベネチアングラスとぞ。

かの日の大揺れで、飾り棚のガラス細工たち、落下するもの倒れたるものさまざまにて、天使なむ、最もすさまじう破壊されたる。

後日、接着剤にて応急の修復せむとするも、あまりに粉々にうち砕かれたれば、もはや原型だに分からず、なすすべのあらうかは。

かくて、ガラスの天使ぞ、1年前と同じ破壊されたる格好にて、飾り棚に残しつる。

3.11の記憶留むる証人として、このままの姿に置きたるこそ、天使につきづきしとこそ。

毀ちたる天使は、ガラス細工よりも脆き現代文明に、無言の警鐘鳴らし続くるにや。

見るかげもなき天使の姿なむ、東京を震度7の直下地震襲ひたる時の、我らの姿なるやも知れぬ。

こは近未来への黙示録ならずや。

|

« 『ヒューゴの不思議な発明』を観て来たり | トップページ | 今宵の西空に、金星と木星の最接近を見ゆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/54187937

この記事へのトラックバック一覧です: 3.11の記憶、壊れしままのガラスの天使:

« 『ヒューゴの不思議な発明』を観て来たり | トップページ | 今宵の西空に、金星と木星の最接近を見ゆ »