« 今宵の西空に、金星と木星の最接近を見ゆ | トップページ | 金星、三日月、木星が一直線に並びたり »

2012/03/20

春分の日、季節外れの生柿は甘露なるかな

120320a余は、これぞと好み入りたる食べ物を、飽きもせで、これでもかこれでもかと、食らひ続くる癖のありける。

去年の秋から、余がはまりたるものは生カキなり。

カキはカキなれど、生牡蠣にてはあらず、生柿の方なるぞ。

きっかけは、めったに柿を求むることなき余が、スーパーにてたまたま富有柿購ひて食らひたれば、そのシャキシャキした食感の甘くてジューシーなること、ひたぶるに病みつきになりたり。

スーパーにて1個80円程度にて売られたるを、毎日半分ずつ食らふが日課となる。

真乗院の盛親僧都の、いもがしらを好みて大きなる鉢にうずたかく盛りて、食ひながら文をも読みけるも、かくやと覚ゆる。

秋過ぎて厳冬の期間も、富有柿なむ常に店頭に並べられたれば、なほも連日、食らひ続くる。

さすがに、2月の後半よりスーパーの柿、しだひに数少なく高価になりゆきて、1個300円ほどになる。余は購い続くる。

3月となりて、いづくのスーパーからも、生柿の姿消ゆれば、余はデパ地下なむ探して回りたる。

あるところにはあるものにて、新宿タカシマヤにて、富有柿3個入り1000円にてあるを、からうじて求めたるが今月10日ごろのことなり。

やがてそれも姿消して、生柿はもはやこれまで、と思ひきや、ネットを調べまくれば、いまだ生の富有柿、販売し続くるは。

5キロほど入りたる1箱単位にて、送料やクール代含め、約3100円はこの時期、高きや安きや分からぬも、とまれ購ひてみる。

送られて来たるは、1個ずつビニールパックに包装されたる生柿にて、26個もあるぞかし。

とく冷蔵庫に収納するも、中は柿だらけになりて、こは鮮度保てるうちに食らひきれるにや。

連日2個ずつ食らひゆけば、腐らすることなく、食らひ尽くせるにやと、精力的に柿を食らふ毎日なるぞかし。

 柿食へば 甘露甘露の 春彼岸

|

« 今宵の西空に、金星と木星の最接近を見ゆ | トップページ | 金星、三日月、木星が一直線に並びたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/54266949

この記事へのトラックバック一覧です: 春分の日、季節外れの生柿は甘露なるかな:

« 今宵の西空に、金星と木星の最接近を見ゆ | トップページ | 金星、三日月、木星が一直線に並びたり »