« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012/04/27

23年かけ完成、クラシック演奏映像コレクション

1204272余は1989年(平成元年)ころから、すずろにテレビのクラシック演奏番組を録画したりて、聴きたき時に、ゆるりと楽しむやうになりけり。

はじめのころはVHSビデオに、途中よりはDVDにぞ録画したる。

VHSビデオはラベルにテキストデータ書き、DVDは演奏やステージのシーンをキャプチャーして文字データとともにジャケット作成したりけり。

やうやう数の増しゆきて、いづちのテープ、ディスクにいかなる曲の保存したるや、全体を把握することの難くなりゆけば、余はなべて番号シールを貼り付け、エクセルに作曲家、曲名、演奏者、指揮者なんど書き込みゆくことにしたり。

かくして、特に意識したるにはあらねど、クラシック演奏映像のコレクションとデータベース、時を経るにつれて着着と整備拡充されつるは。

120427いつ果てぬとも知れぬ録画と整理作業なれど、さてもあらねば、とりあへず、これまで録りためたる分にて、いちおう完成とみなし、現時点でエクセルのデータベースなむプリントしてみたる。

収録したる曲の数、延べにして2660曲。このうちVHSテープは366本、DVDが247枚なり。

この一覧見れば、余の嗜好の一目瞭然なりて、我ながら驚けること少なからず。

同じ曲にして、異なる演奏者によるもの、あまたありて、演奏種類の10以上ある曲なむ、書き出せば次のごとくなりぬる。

14種類 ベートーベン 交響曲第7番

13種類 ストラビンスキー 舞踏音楽「火の鳥」

13種類 ワーグナー ニュルンベルクのマイスタージンガー前奏曲

12種類 ベルリオーズ 幻想交響曲

12種類 ベートーベン 交響曲第3番「英雄」

12種類 ベートーベン 交響曲第5番「運命」

11種類 ドビュッシー 牧神の午後への前奏曲

11種類 チャイコフスキー バイオリン協奏曲

11種類 グリンカ 歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲

10種類 ストラビンスキー 舞踏音楽「春の祭典」

10種類 ストラビンスキー 舞踏音楽「ペトルーシュカ」

10種類 シューベルト 交響曲第7番「未完成」

10種類 ラヴェル ボレロ

全体を通して曲数の最も多き作曲家は、ベートーベンとモーツァルトなりて、それぞれ延べ240曲にぞ上れる。

ついでシューベルトとチャイコフスキーの、それぞれ142曲ずつなり。

名高き作曲家にして少なきは、マーラーの延べ5曲、ブルックナーの延べ9曲なんどで、こは余の好き嫌いの反映にこそ。

収録したしと思い続けたる曲の、この23年間に一度も放送されず、もしくは録画の機会逸したるかで、コレクションに欠けたるは、グローフェの組曲「大峡谷(グランド・キャニオン)」と、ドリーブのバレエ音楽「コッペリア」の二つなり。

どちらも、余が中学生のころに、ラジオよりよく流れたる記憶あるに、いかでテレビの演目に乗らざるや。

今後この2曲、放映されて収録されなば、余のクラシック・コレクション、心底より完成と云うこと能ふるものを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/18

続・藤の花房みるみる伸びたりて

120418a前回記したる藤の鉢植、ベランダに出し置きつれば、はつか5日のうちに花房のいみじう伸びたりけるは。

試みに、畳のうへに移してみれば、いでいで、花房の畳に易く届きて余裕さへあるぞかし。

されば一首なむ戯れて詠める。

 鉢植の 藤の花房 伸びにければ 畳に届きて なほ余りあり

さらに、まじまじと見れば、一房のみと思ひたる木に、別の新たなる花房の成長して、咲き始めたり。

ひたぶるに、めでたしと覚へて、うれしき心地ぞする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/13

子規が「藤の花房みじかければ」に込めたる意味

1204132aa高校の時に習ひたる近代短歌の中で、余がひたぶるにいみじと思ひたりけるは、子規が藤の花を詠みたる歌なるは。

 瓶にさす 藤の花房みじかければ 畳のうへにとどかざりけり

国語の教師曰く、この歌は、「畳のうへにとどかざりけり」と詠むことにより、畳のうへにあと少しで届くほどに藤の花房の長きことを描写したる、と。

「みじかければ」と詠みつつも、瓶から撓りて垂れ下がりたる長き花房を想起させしむとは、いかなる非凡の歌詠みなるや、と余は少年ながらに感心したるものなり。

この歌について、けふ村田邦夫著の近代短歌要解てふ古き解説書見るに、まったき異なる角度からの視点ぞ綴られたる。

子規は、重症の肺病にて、仰向けに伏したる位置より、机上の藤の花を見上げおれり。

「畳のうへ」とは、子規の頭の位置にして、子規自身の位置にほかならずと。

「とどかざりけり」は、活けられたばかりの藤の花の若さに対する、子規からの遠さを示したりて、そのへただりなむ、一種の焦燥感を子規に感じさせたるらむ、と。

著者はこの歌を、子規の「忠実簡潔なる描写のなかに人生の真実相を直視せむとする態度」の具象化されたりける、と評す。

かかる視点より読めば、単なる写生を超へる壮絶なる歌にほかならず、とこそ覚ゆれ。

たまたま街ありけば、花屋の店頭に鉢植並ぶ中、藤の鉢植、一鉢のみあり。

花房は一房なるも、600円と手ごろなれば、贖ひてきたり。

 瓶ならぬ 一房の藤 子規偲ぶ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/07

アカデミー賞『アーティスト』の物言はぬ迫力

120407アカデミー賞の作品賞・監督賞など5部門を受賞せる『アーティスト』を観てきたり。

モノクロの映画は多少の馴染みあるものの、サイレントとなるとチャプリンの初期ものやフリッツ・ラングの『メトロポリス』くらひしか記憶にあらず。

CGや3Dなんど映画制作における技術革新のめざましき現代に、モノクロにしてサイレントの映画なむ、いかなるものならむと、いささかの不安を抱きつつ映画館を訪れる。

映画は、サイレントからトーキーへの移行期のハリウッドを舞台に、サイレント時代の名優と、トーキー時代に羽ばたきゆく新進女優の物語なり。

台詞なくして最小限の字幕のみなれど、ストーリー展開分かりやすく、つきづきしく効果的なる音楽に導かれて、いつしかサイレントなること忘るる展開は、ひたぶるにいみじかりけり。

キャストの素晴らしさはさらなり、なかんづく犬の名演技は特筆すべし。

色彩も台詞もこそげ落とし、俳優たちの動きや仕草、表情、目つきのみにて、圧倒的なる迫力に満ちたる映像作品創り上げたるは、現代の奇跡ならむとこそ。

この映画観たる後に思ふは、現代社会は台詞の過剰・氾濫ならずや、てふことなり。

文学も映画も、マスメディアも政治も、不必要なほどあまたの台詞乱用したりて、そに自己満足したるきらひはなきや。

トークのみにて笑い取らむとするタレント、多弁にして内容薄き評論家やコメンテーターの多きこと、笑止千万の思ひなり。

多弁なること必ずしも多くを伝ふる能はず。寡黙なれどより深きもの伝ふることもあり。

そう云へば、アカデミー賞を競ひたる『ヒューゴの不思議な発明』も、台詞は少なめなりて、映像に語らせること少なからず。

『アーティスト』と『ヒューゴ』は、対照的なる作りなるも、ともに映画草創期の原点を描かむとすること共通なるぞかし。

二つを見比べて、いづちに軍配を上ぐるか、甲乙付け難きところなり。

どちらも観るべし、としか云ひやうのなき出来栄へなるは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/06

東京の桜、けふ満開となりぬ

東京の桜はけふ満開

東京の桜はけふ、平年より3日遅く満開になりたるとぞ。

好天に誘はれ、新宿御苑をすずろにありく。

平日とは云へ、金曜日なればあまたの人人で賑はひたり。

苑内の売店にて、だんご購はむとするに、みな売れ尽くしたりて、あるは1本のみとや。

最後の1本をゲットし、花の下にて食らへば、残り物にあるてふ福の味ぞする。

花よりだんごにはあらず、花もだんごも、ともに愛でるこそ好ましけれ。

ひさびさに、ここよりモブログを試むとす。

BANYUU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »