« 東京の桜、けふ満開となりぬ | トップページ | 子規が「藤の花房みじかければ」に込めたる意味 »

2012/04/07

アカデミー賞『アーティスト』の物言はぬ迫力

120407アカデミー賞の作品賞・監督賞など5部門を受賞せる『アーティスト』を観てきたり。

モノクロの映画は多少の馴染みあるものの、サイレントとなるとチャプリンの初期ものやフリッツ・ラングの『メトロポリス』くらひしか記憶にあらず。

CGや3Dなんど映画制作における技術革新のめざましき現代に、モノクロにしてサイレントの映画なむ、いかなるものならむと、いささかの不安を抱きつつ映画館を訪れる。

映画は、サイレントからトーキーへの移行期のハリウッドを舞台に、サイレント時代の名優と、トーキー時代に羽ばたきゆく新進女優の物語なり。

台詞なくして最小限の字幕のみなれど、ストーリー展開分かりやすく、つきづきしく効果的なる音楽に導かれて、いつしかサイレントなること忘るる展開は、ひたぶるにいみじかりけり。

キャストの素晴らしさはさらなり、なかんづく犬の名演技は特筆すべし。

色彩も台詞もこそげ落とし、俳優たちの動きや仕草、表情、目つきのみにて、圧倒的なる迫力に満ちたる映像作品創り上げたるは、現代の奇跡ならむとこそ。

この映画観たる後に思ふは、現代社会は台詞の過剰・氾濫ならずや、てふことなり。

文学も映画も、マスメディアも政治も、不必要なほどあまたの台詞乱用したりて、そに自己満足したるきらひはなきや。

トークのみにて笑い取らむとするタレント、多弁にして内容薄き評論家やコメンテーターの多きこと、笑止千万の思ひなり。

多弁なること必ずしも多くを伝ふる能はず。寡黙なれどより深きもの伝ふることもあり。

そう云へば、アカデミー賞を競ひたる『ヒューゴの不思議な発明』も、台詞は少なめなりて、映像に語らせること少なからず。

『アーティスト』と『ヒューゴ』は、対照的なる作りなるも、ともに映画草創期の原点を描かむとすること共通なるぞかし。

二つを見比べて、いづちに軍配を上ぐるか、甲乙付け難きところなり。

どちらも観るべし、としか云ひやうのなき出来栄へなるは。

|

« 東京の桜、けふ満開となりぬ | トップページ | 子規が「藤の花房みじかければ」に込めたる意味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/54413192

この記事へのトラックバック一覧です: アカデミー賞『アーティスト』の物言はぬ迫力:

« 東京の桜、けふ満開となりぬ | トップページ | 子規が「藤の花房みじかければ」に込めたる意味 »