« 子規が「藤の花房みじかければ」に込めたる意味 | トップページ | 23年かけ完成、クラシック演奏映像コレクション »

2012/04/18

続・藤の花房みるみる伸びたりて

120418a前回記したる藤の鉢植、ベランダに出し置きつれば、はつか5日のうちに花房のいみじう伸びたりけるは。

試みに、畳のうへに移してみれば、いでいで、花房の畳に易く届きて余裕さへあるぞかし。

されば一首なむ戯れて詠める。

 鉢植の 藤の花房 伸びにければ 畳に届きて なほ余りあり

さらに、まじまじと見れば、一房のみと思ひたる木に、別の新たなる花房の成長して、咲き始めたり。

ひたぶるに、めでたしと覚へて、うれしき心地ぞする。

|

« 子規が「藤の花房みじかければ」に込めたる意味 | トップページ | 23年かけ完成、クラシック演奏映像コレクション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/54502822

この記事へのトラックバック一覧です: 続・藤の花房みるみる伸びたりて:

« 子規が「藤の花房みじかければ」に込めたる意味 | トップページ | 23年かけ完成、クラシック演奏映像コレクション »