« 殻付きのウニ贖ひて、食らふまでの棘との格闘 | トップページ | モーツァルト『魔笛』を初めて観て、病みつきに »

2012/05/05

立夏に果物の女王マンゴスチンを食らふ

1205051a余はこのところ、いと珍しうて値段の安きもの見れば、躊躇することなく贖ひ来たる。

けふは立夏の五月晴れの下、すずろにありきながら、ふだんは立ち寄ること少なきスーパーの店内を通りぬけむとす。

ふと目に留まれるは、見たることなき果実なむ、あまた箱に積まれてありける。

マンゴスチンとあり、余がこれまで食らひたることのなきものなり。

5個にて280円と手ごろの価格なれば、5個贖ふ。

今月1日の殻付きウニと同様に、実の取り出し方知らねば、いかにして食らふや、ネットにて調ぶる。

1205052aYouTubeに、ナイフ用いることなく容易に実を取り出す映像ありて、そを参考に我も真似てみたり。

両手にて、マンゴスチンの上と下から軽く押しつぶすやうにすれば、厚き皮なむ弾け割かれて、中より白き実の現るる。

皮は手でするすると剥け、フォークにて実を食らふ。

いでや、そのいみじう美味なること、比類なし。

酸味はほのかにして、甘み強く、ジューシーにして香りもさやかなり。

クセもなく、上品な食感は、げにフルーツの女王の名につきづきしとこそ。

ネットによれば、マンゴスチンは世界の三大果実の一つとぞ。(あとの二つはマンゴーとチェリモヤとかや)

フルーツの王様はドリアンなるらしきに、ドリアンは特有の臭さの故にや、王様にして世界の三大果実に漏れたるも、げにと覚へてをかし。

ちなみに、日本にマンゴスチンの輸入の解禁されたるは2003年のことなりて、国内での栽培に向けた模索あれど、いまだに成功の例あらずとや。

輸入もののネット販売もあれど、1個400円、5個1500円なんど、おそろしう高価なり。

けふのスーパー、明日も安価にてマンゴスチン売りたれば、立ち寄りてゲットせばや、と意を強くしたり。

|

« 殻付きのウニ贖ひて、食らふまでの棘との格闘 | トップページ | モーツァルト『魔笛』を初めて観て、病みつきに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/54637500

この記事へのトラックバック一覧です: 立夏に果物の女王マンゴスチンを食らふ:

« 殻付きのウニ贖ひて、食らふまでの棘との格闘 | トップページ | モーツァルト『魔笛』を初めて観て、病みつきに »