« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012/07/26

VHSビデオをデジタル化してBDに

120726a10日余り前にブルーレイレコーダーを贖ひてより、余にとりての課題は、1989年ころから15年余りに渡りて録りためたる、366本のVHSビデオテープの音楽番組を、デジタル化してBDにて保存せむことなり。

ビデオデッキなんど他の機器からの取り込みに関し、ブルーレイレコーダーの取扱説明書には、外部入力にて内蔵ハードディスク(HDD)に取り込むこと可なりと、いとも素っ気無く触れられているのみで、あまた知りたきことがらの一切書かれておらず。

ビデオテープは、いかなる録画モードにて取り込むべきにや、ハードディスクに取り込み後はBDに高速デビングの可能なりや、BD1枚にVHSテープ何本分の収録が出来るにや、何も分からぬままなり。

録画モードの一覧見るに、HDDに録画可能なるは、BSデジタル、地デジ、および1.5倍録から15倍録まで22段階なるハイビジョン画質のみ、とされたり。

DVD画質のXP、SP、LP、EPは、いずれも「本機のHDDに録画すること能はず」とぞ。

ならば、VHSビデオのアナログ映像も録画不可かと、一瞬だじろぎぬ。

さるにてもあらねば、試しにビデオテープなむ1本、外部入力にて録画ボタンを押してみたる。

あなや、不思議のことかな、録画モードを選択すべき画面の現れぬまま、録画のさくさくと進みたる様なるは。

2時間後に録画終はりて、HDDの中身見れば、いでいで、アナログのビデオ映像なるに、「ハイビジョン画質の5倍録」にて、完璧に録画されたり。

2本目、3本目とビデオテープを録画してゆくに、いづれも自動的にハイビジョン画質の5倍録にて録画されたるぞかし。

アナログ映像なるにハイビジョン画質とは、これいかに。

当然のことながら、元テープの画質よりも良くなるはずのなければ、デジタル化されたるてふ意味にて、ハイビジョン画質と云ふならむ、と余は解釈す。

HDDへの録画の、ある程度溜まりたるところで、そをまとめてBD-Rにダビングす。

25ギガのBD-Rの残り容量を見ながらダビング設定してゆくに、テープ6本か7本分のデータぞ、1枚のBDに入ることを知る。

高速ダビングの可能なりて、ほぼ20分ほどにて完了す。

これまでに、テープ13本分を2枚のBDに収めたるところぞ。スペースを取るテープに比ぶれば、BDの薄さと体積は100分の1以下になりて、メディアの進化にぞ舌を巻ける。

さるにても、VHSテープのBD化は、あまたのユーザーの知りたきところならむに、いかで取扱説明書にて詳しき説明をせざるや。

余の推察するに、デジタル番組のダビングが著作権保護の観点から厳しく制限されたると同じく、かつて録画されたるアナログ番組も一旦デジタル化されなば画質の劣化することなく、無制限にダビング可能なるが故に、取扱説明書にて説明することを、わざと避けたるならむ。

さて、余はこのペースにてテープのBD化進めむとするに、HDDへの録画は実時間を要したれば、1日に4本程度が無理なきペースかとぞ。

366本すべてのBD化には91日かかりて、BD-Rにして60枚程度に収まる計算なるは。

BD化を終へたるテープの、次々に廃棄せむことは、言ふもさらなり。

記録メディアの高容量化と省スペースは、時代の流れとこそ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/15

満を持してブルーレイレコーダーを贖ひぬ

1207151a映像記録メディアの進化は目まぐるしく、余が15年ほど使ひ続けて来たるVHSビデオデッキに見切りをつけ、DVDレコーダーを贖いたりしは、2004年1月のことなりき。

その時の購入価格なむ、12万4800円なりて、以来、それまで録りためたるVHSテープと、新たに録りたるDVDディスクとの両刀を使ひ続くる。

4月27日のブログに書けるやうに、この間に収録したるクラシック音楽は、VHSテープ366本、DVDが247枚となりて、曲数は延べにして2660曲となれり。

これにて、クラシック音楽の録画はいちおうの打ち止めにせむと思ひしもつかの間、余はこのところ遅ればせながら、モーツァルトのオペラに目覚めたりけるは。

『魔笛』を皮切りに、『ドン・ジョヴァンニ』『フィガロの結婚』『コシ・ファン・トゥッテ』をDVDにて観まくる日々なれば、音楽鑑賞における映像の役割を初めて認識せり。

それまでは、音楽におきては音質や演奏内容こそ重要なれど、演奏者の映像なんどは二の次なりて、画面を見ざるとも不自由なしと覚ゆれ。

1207152aオペラは音楽と舞台とが両輪の如く回る世界なれば、いかに音楽の音質・内容の秀でたれど、画質悪しくて舞台の見づらければ、興趣は半減せり。

今月から来月にかけBSにて、『メリー・ウィドウ』『フィガロの結婚』『ラ・ボエーム』『パルジファル』なんど、錚錚たるオペラの全曲放映さることを知り、モーツァルトであらうがなからうが、オペラは録れる時に最高画質にて録り置きたしと欲す。

かくて余は、8年余りに渡るDVD時代に見切りつけ、ブルーレイレコーダーなむ贖ひたりけるは。

ポストDVDの規格がブルーレイに統一され、レコーダーの初めて店頭に見へたる2007年ころは、価格の20万から25万円もしたりけり。

さるを地デジ化やロンドン五輪の影響にや、ブルーレイレコーダーの価格の、やうやう手の届けるところまで下がりて、余はパナソニックの今年2月発売したるBWT520(500ギガ)の新品ぞ、ネットにて3万7000円ほどにて贖ひぬ。

さきほど、テレビへの接続と設定を済ませ、これまで使ひたりけるDVDデッキとVHSデッキも視聴することの能ふやう、全面的に接続の配線を組み変へり。

テレビ台のラックには、3世代の映像記録メディアぞ、博物館のごと縦に並びたる。

この先、ポスト・ブルーレイの時代の訪れるは、何年後のことぞや。

ラックには、次の記録メディアの並ぶるスペースの、もはや無きものを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/07

梅雨の七夕、新宿にトンボの大群現はる

1207071a

1207072a_3けふは七夕なれど、梅雨空の下、朝から雨模様なり。

ふと空を見やれば、天空狭しとばかりに、無数の蜻蛉どもの右へ左へ上へ下へと飛び交へるは。

あな、都心にトンボの大群とは珍しや。

けふ一斉にかくも飛ぶは、いかなるにや。

そも、このトンボたちは、いづくより生まれ出でて、新宿に飛び来たるや。

神田川わたりか、はたまた多摩川くんだりか。

写真に撮らむとすれど、空中を動き続くるトンボをケータイにて撮るは、いみじう難きことなるぞかし。

当てずっぽうにてシャッターを切るうちに、何枚かにぞトンボの姿、写れる。

1207072bこは、何てふ種類のトンボなりや。

余が子どものころ、トンボはいたるところに飛び交ひたりき。

常にあまた飛びたるはムギワラトンボとシオカラトンボにて、アネサトンボ、アカトンボもよく見られたり。

数の少なきギンヤンマやオニヤンマの出現したる時は、男の子たちは総出にて追ひかけ走り、いかにもして捕まへむと必死なりき。

ガキ大将を先頭に、トンボ採りに奔走するも、ヤンマは滅多にトンボ網にかからず。

オニヤンマの採れたれば、地域の大事件にて、大人たちさへ見に集まれり。

虫カゴに入れられたるオニヤンマの、じたばたすることなく、堂々として眼中いっぱいに人間どもを見据へたるは、さすが名に恥じずとこそ。

オニヤンマやギンヤンマを見ぬやうになりて、久しうなりぬ。

飛び交うトンボの群れに、遠く過ぎ去りしあの時代を想ふ。

とんぼつり今日はどこまでいったやら 千代女

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/02

『真珠の耳飾りの少女』の刻刻と変はる表情

1207021a

東京都美術館に、フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』を観に行けり。

けふは本来は休館の月曜日なれど、臨時開館と聞き、さしづめ余裕にて観らるべしと行くに、この絵の前は300人を越すかといふ人だかりにて、つづら折りのロープになむ列なして、遅遅たる速度で前に進める。

やうやう絵の前に来ても、立ち止まらずに進みながら鑑賞されたし、との係員たちの声に急かされて、ゆたりと観ることの能はず。

されど、穴場の無きにしもあらずで、ロープの外側の絵に最も近き位置から、ロープ越しに身を乗り出すやうに観れば、真正面にはあらねど、はつかに右寄りの角度ながら、心ゆくまで鑑賞することを得たり。

余はこの位置を確保して動くことなく、1時間余りの間、絵を見つめ続けたり。

この少女は、いまだにモデルも判明せず、描かれたる経緯も定かならずとぞ。

最初の印象は、少女のまなざしの無垢と純真さなり。

軽く開きかけた唇は、「なにゆへに、かく吾を観るぞ」とでも言ひたげかと。

見つめるうちに、ふと少女の微笑むやうなる表情の浮かぶを感ず。

さらに見続くるに、あまたの観客に観られ続くることに、少女はある種の安堵感と満足感を覚へたるにや、とも思ふ。

最初は、何かに驚けるかと思はれたる表情に、いつしか己の美しきこと、内心にて確信したるやうな、自信と誇らしさの、ちらとよぎるは幻か。

清純なる少女ぞ、時間をかけて眺むるうちに、絵には描かれざる官能と媚の、そこはかとなく秘められたることの見ゆる。

少女は、黒き瞳や青のターバンから推して、ヨーロッパ人にはあらずして、どこか東方的なる民族の血を引けるにや。

また質素なる黄色き服からして、決して裕福なる身分にはあらじとぞ。召使あるひは小間使ひのやうな立場にありたるにやと想像す。

ふと、少女の唇が動き、かすかなる言葉の発せらるるを聞きたる心地ぞしたる。

「永遠とは、悲しきものなりと思ふことあり。吾の命の、けして終はらざること、定めにしあれど」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »