« モノに埋もれたるゴミ屋敷から脱却せむとて | トップページ | インフル予防接種、一番乗りにて受くる »

2012/09/22

静寂は見かけ、我らみな超高速で空間移動中

120922arv_2

かくかくも春過ぎ夏たけぬ。秋の初風吹きぬれば、けふは彼岸の中日と知る。

空を見上ぐれば、秋分の太陽の中天にかかれり。

その太陽に目を遣りて、地球から太陽までの距離を、さらに反対側に同距離だけ伸張してみむ。

汝はそこに何を見るや。

余は、その位置、その空間に、まこと半年前の春分の日の、我らが地球の姿ぞ、りんと見ゆる。

今年の3月20日、春分の日。寒さのひとしほに身に凍みて、桜のつぼみも固かりし頃なりき。

心眼を凝らして見れば、半年前に生くる我や汝の姿あり。そは愛しき日々の残照か幻影か。

地球はこの間に、太陽の周りを回る公転軌道を、猛スピードにて半周せり。

その速度たるや、時速10万7000キロてふ、とてつもなき超高速なりて、時速1000キロの飛行機の約100倍の速さとぞ。

秒速では30キロにもなり、東京-大阪間を約3分にて進む速さなり。

これごときで驚くなかれ。地球を含む太陽系全体が、我らが銀河系宇宙の回転によりて、時速80万キロてふ超高速にて、いま現在も空間移動中なるぞかし。

秒速に換算すれば220キロにて、東京-大阪間を2秒半ほどで通過するとや。

我ら、ともすれば日常の些事にまぎれ、目先のことどもに囚はれて、かくも遠大なる宇宙旅行の只中にあることに、思ひを致すことなきこそ悲しけれ。

いまひとたび、秋分の太陽に目を遣る。

その反対側に、ふと垣間見たるは、半年後の春分の日に、その位置に行くはずの地球の姿かと。

2013年3月20日の、我の姿も汝の姿も、おぼろなれど、見ゆる心地ぞしたる。

|

« モノに埋もれたるゴミ屋敷から脱却せむとて | トップページ | インフル予防接種、一番乗りにて受くる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/55717731

この記事へのトラックバック一覧です: 静寂は見かけ、我らみな超高速で空間移動中:

« モノに埋もれたるゴミ屋敷から脱却せむとて | トップページ | インフル予防接種、一番乗りにて受くる »