« もののけ姫をも負かす柔道「金」松本薫の形相 | トップページ | 静寂は見かけ、我らみな超高速で空間移動中 »

2012/09/01

モノに埋もれたるゴミ屋敷から脱却せむとて

120901a気が付けば、はや9月になりにけり。余のブログなむ1箇月も更新せざるままなる。

このところ来る日も来る日も、ひたすらにモノを捨てまくり続くれば、時の経過だに、りんと覚へず。

余は元来、モノ持ちの良さを標榜せるも、裏を返せば、モノを整理せぬまま、底なしのモノ地獄へとまっしぐらに突き進みおれり。

一見、片付きたるやうに見ゆるはリビングのみにて、ほかの部屋はみなみな恐るべきモノのヤマと化す。

モノのヤマとは、すなはち、ゴミのヤマにほかならず。

この1箇月、捨てに捨て、棄てに棄てたり。

すでに棄てたるモノの量は、45リットルのゴミ袋にして300袋を下らず。

棄てたる本は500冊以上。さらに700冊以上を、本の引取業者に出さむと、部屋に山積みとなせり。

ビデオテープは250本以上を棄て終はりて、さらに100本余を棄てむとす。

粗大ゴミは、センターに申し込み済みの分のみにても、50個にものぼり、そを数回に分けて出さむとす。

さらに、家具は8割方を処分したり。

嗚呼、余はいつしかゴミ屋敷に棲みつきたるにや。ゴミ屋敷すなはち、化け物屋敷なるぞかし。

ライフスタイルの徹底したるダウンサイジングを目指すも、いつ果つるとも知らぬモノとの戦ひ、ゴミとの戦ひは、今日も明日も明後日も、延延と続くらむ。

身の丈に合ひて身軽ですっきりとしたる生活を実現すべく、無二の機会にして最後の機会やも、と知ればこその猛暑もものなるかはの奮闘ならめ。

娑婆の栄華は夢の夢、楽しみ栄えて何かせん‥‥

|

« もののけ姫をも負かす柔道「金」松本薫の形相 | トップページ | 静寂は見かけ、我らみな超高速で空間移動中 »

コメント

 はじめまして。
「走れメロス」のラスト数行の解釈についての記事を検索して、読ませていただきました。大変、感動したので9月1日の記事を読み、文体に森鷗外を読んだ時のような心地よさを覚え、ついコメントさせていただきたくなりました。
私のブログ(アメーバ)は、今日から(9月1日)更新を一時休止するので、しばらくは読者気分を満喫したいと思っています。
また、読ませてください。
きよら

投稿: きよら | 2012/09/02 00:58

きよらさん、はじめまして。
森鷗外といえば、アンデルセンの「即興詩人」の文語訳を読んで強い感銘を受けました。私がブログの文体を文語に変えたのは、「即興詩人」の影響が大きかったと思っています。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: BANYUU | 2012/09/06 19:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/55556517

この記事へのトラックバック一覧です: モノに埋もれたるゴミ屋敷から脱却せむとて:

« もののけ姫をも負かす柔道「金」松本薫の形相 | トップページ | 静寂は見かけ、我らみな超高速で空間移動中 »