« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013/04/24

「朝びらき」てふ名前の犬を見かけたり

130424aけふ家の近くを散策せるに、とある建物のガラス戸越に、白き犬の道路を向きて横たはるるに出会ひたり。

ガラス戸に、この犬の自己紹介文の綴られたる、いとをかし。

名は「朝びらき」にて、5才の柴犬とぞ。

犬の名に、朝びらきとは、こはいかに。

辞書をくくりてみれば、朝びらきとは、「朝、船が港を出ること、すなはち、朝の船出のこと」とあり。

今様にては、ほとど使はるることなき言葉なれど、万葉集には沙弥満誓(さみのまんぜい)の歌あり。

世の中を何に譬へむ朝開き漕ぎ去にし船の跡なきごとし

こは、無常観を詠みて絶品とさるる次の歌にいみじう似たるも、万葉集が元歌にて、そを形変へて古今和歌六帖や拾遺集なんどに収録されたるとや。

世の中を何に譬へむ朝ぼらけ漕ぎゆく船の跡の白波

朝びらきが朝ぼらけと変はり、「跡なきごとし」を「跡の白波」と置き換へたるによりて、茫漠たる無常観の切々と迫れる歌となれり。

こは平家物語に、俊寛僧都足摺のくだりにも使はれたる。

足ずりをして、是乗せてゆけ、具してゆけと、をめきさけべども、漕ぎ行く舟の習ひにて、跡は白波ばかりなり

この歌からの派生歌は数知らず、鴨長明なむ、かく詠みたる。

これも又なににたとへむ朝ぼらけ花ふく風のあとのしらなみ

朝びらきは朝ぼらけに通じ、白波へと連なり消ゆれば、深き余韻を残す。

白き犬に朝びらきと名づけたるは、げにとこそ奥ゆかしけれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »