« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013/06/18

戦争にて生き別れたるルイーズ、バロンのもとへ

1306182a彼の名はバロン。正式名をフンベルト・フォン・ジッキンゲン男爵と云ふ。

戦争にて離れ離れとなりつる許嫁の貴婦人、ルイーズを探し続けるとぞ。

バロンの人形は、地球屋の主人にて80歳の西司朗老人が、ドイツ留学中に譲り受けたりて、バロンの悲恋のエピソードとともに中学生の月島雫に話して聞かす。

この話は、映画「耳をすませば」における最も印象深き話として、多くのファンの心をつかみ、バロンのフィギュアぞあまた作られて世に出たる。

余のもとにあるバロンのフィギュアなむ、高さ37センチと映画に登場せる人形とほぼ同じサイズにて、背広からチョッキ、ネクタイ、帽子まですべて布地にて精巧に作られたる逸品にて、限定200個てふレアものなる。

こは2年前の3.11大地震にて、棚から落下して粉々に破損され、接着剤にて復元せむとするも、いたるところに亀裂の残りたりて、元の姿には戻らざりけり。

されど、待てば海路の日和ありとやら、その後、余は奇跡的に、同じきメーカーの新品のバロンフィギュアぞ、もう一体、ゲットすることを得たる。

かくなるうへは、ルイーズのフィギュアのあらまほし、とこそ思ひ続けたれ。

これまた偶然の幸運かな、余はつひに、いともさやかなるルイーズのフィギュアのあるを見つけ、やうやうゲットしたるぞかし。

バロンとルイーズ、並べて飾りてみれば、いでいで、夢のごとし。

架空の世界における世紀の悲恋、これにてハッピーエッドかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/05

空梅雨に映えて咲くアジサイもまた好し

130605aこは梅雨の晴れ間なるや。

むしろ気象庁の梅雨入り宣言のフライングかとぞ。

余がこの地に移り来たりて、けふで7カ月となりぬ。

空梅雨のバルコニーは、日が燦燦と照り注ぎて眩し。

玄関の植物たちを並べて陽射しを当てさす。

花の終はりたる藤の、葉のみなれど緑の鮮やかなるは。

ちさき薔薇の鉢植へも花みな散りて、いかにせむと思ふに、いでや新たなる蕾のつぎつぎと現れて、再び黄色き花ぞ咲ける。

雨期につきづきしと贖ひし紫陽花は、雨降らぬ日々に、日を浴びる毎日なり。

空梅雨の紫陽花も、それはそれとてまた好き趣かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »