« 猛暑日の七夕に夕立と雷、高層ビルに虹 | トップページ | 無常を争ふさま、朝顔の露に異ならず »

2013/07/25

ねがはくは花の下にて

130724aねがはくは花の下にて春死なん そのきさらぎの望月のころ 西行

余の人生の残り時間は、いくばくのものなりや。厚生労働省の生命表見るに、平均余命は15年ほどと知る。

大病をせず、寝たきりにもならず生きつるとて、いずれは終焉を迎ふること避けられず。

その後、余は永遠の眠りにつくとて、現世に残したるお骨なむ、いかにすべき。

余は墓石の下に入ること、辛気くさき感ありて、気が進まず。

海への散骨てふ方法あれども、費用と手間ひまかかり、墓標の残らぬこと、いと悪ろし。

そこで余が選びたるは、樹木の下に眠ることなるぞかし。

それもサクラの木の下ならば、さらに良からむとこそ。

一昨日、その場所を見て来たり。

国立公園内の絶景の地なり。

この花の下にて眠り続くるのも、また楽しからずや。

|

« 猛暑日の七夕に夕立と雷、高層ビルに虹 | トップページ | 無常を争ふさま、朝顔の露に異ならず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/57857280

この記事へのトラックバック一覧です: ねがはくは花の下にて:

« 猛暑日の七夕に夕立と雷、高層ビルに虹 | トップページ | 無常を争ふさま、朝顔の露に異ならず »