« ねがはくは花の下にて | トップページ | 遥かに遠し生身魂の境地 »

2013/08/14

無常を争ふさま、朝顔の露に異ならず

130814a

不知、生れ死ぬる人、 いづかたより来りて、いづかたへか去る。又不知、仮の宿り、誰が為にか心を悩まし、何によりてか目を喜ばしむる。その主とすみかと、無常を争ふさま、いはば朝顔の露に異ならず。或は露落ちて花残れり。残るといへども、朝日に枯れぬ。或は花しぼみて露なほ消えず。消えずといへども、夕を待つ事なし。(方丈記)


|

« ねがはくは花の下にて | トップページ | 遥かに遠し生身魂の境地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/57990615

この記事へのトラックバック一覧です: 無常を争ふさま、朝顔の露に異ならず:

« ねがはくは花の下にて | トップページ | 遥かに遠し生身魂の境地 »