« 藤の花房、紫の咲き誇れる | トップページ | 6.15と樺美智子さん 1960年-2014年 »

2014/05/31

皐月去りて水無月来むとす

140531a


昨日またかくてありけり 今日もまたかくてありなむ
この命なにをあくせく 明日をのみ思ひわづらふ

いくたびか栄枯の夢の 消え残る谷に下りて
河波のいざよふ見れば 砂まじり水巻き帰る

嗚呼古城なにをか語り 岸の波なにをか答ふ
過し世を静かに思へ 百年もきのふのごとし

            (藤村 千曲川旅情の歌より)

|

« 藤の花房、紫の咲き誇れる | トップページ | 6.15と樺美智子さん 1960年-2014年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/59735473

この記事へのトラックバック一覧です: 皐月去りて水無月来むとす:

« 藤の花房、紫の咲き誇れる | トップページ | 6.15と樺美智子さん 1960年-2014年 »