« 皐月去りて水無月来むとす | トップページ | 親知らず抜きて爽快 梅雨の空 »

2014/06/15

6.15と樺美智子さん 1960年-2014年

19600615

樺美智子さんの死に、われらはいかに応へ来たるや。(写真の、仰向けに抱へられたる女子学生の右側、こちら向きの女子学生に左腕を持ち上げられたる格好にて倒れたるが樺さんなり。この時すでに息絶へたるとぞ)

岸首相から、孫の安倍首相へ。

状況はまさに危機的なり。憲法9条は、風前の灯火なるぞかし。

戦争をせむと勇む日本の指導者、他国の兵士や民間人を殺傷しに出向かさるる自衛隊。

自衛隊員に死者いでたらば、英霊として祭り上げ、さらなる戦線拡大へと突き進むこと、日の目を見るが如し。

志願者の激減する自衛隊に替はりて、国防の義務の叫ばるる中、ほどなく徴兵制の敷かるること必定ならむ。

平成の赤紙の来たる日、遠くはあるまじとこそ。


【このブログの、過去なる樺さん関連記事】

45年目の6.15、樺美智子さんの2枚の写真(2005年6月15日)

とっておき号外に見るあの時(7)-樺美智子さんの死(2006年3月6日)

60年安保の6・15から半世紀、樺美智子さん忘るまじ(2010年6月15日)

|

« 皐月去りて水無月来むとす | トップページ | 親知らず抜きて爽快 梅雨の空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/59819483

この記事へのトラックバック一覧です: 6.15と樺美智子さん 1960年-2014年:

« 皐月去りて水無月来むとす | トップページ | 親知らず抜きて爽快 梅雨の空 »