« 6.15と樺美智子さん 1960年-2014年 | トップページ | 世界はクリームソーダの泡の一つに過ぎず »

2014/06/25

親知らず抜きて爽快 梅雨の空

140625余の奥歯のそのまた奥に、歯肉の中に深く隠れたる親知らずありき。

レントゲンにてやうやう存在の確認さるるも、これまで悪さをするでなし、そのまま放置しつる。

半月ほど前、その歯肉のあたり炎症を起こしたりて、痛う腫れあがりにけり。

歯科医にてとりあへずレーザー治療による応急措置受くるも、このままにてはしばしば炎症起こして腫るること必定とぞ。

されど隠れたる親知らず抜くこと、いみじう難き業と聞く。

医師と相談の上、親知らず抜くことはせで、歯肉の一部切り取りて穴を開け、膿の出口作ることで、解決を図らむとす。

麻酔の注射、数箇所に打ち、切り開きて見れば、いでいで、親知らずはひたぶるにばい菌にまみれたりて黒々と汚れ、周りは膿の海となりたるとよ。

そを見て歯科医の曰く、こは膿の出口作るにて解決さるる状態にあらず。

麻酔の効きたるいま直ちに、抜くほかなし、と。

かくて、余は心の準備もなきまま、あれよあれよといふ間に、親知らず抜かれたり。

抜きて数時間ほど、出血あれどやがて収まり来りて、痛みも消へ去りぬ。

なまじ、事前に抜くこと告げられて不安の日々を過ぐすより、突如として抜く方針に転換さるたること、むしろ良かりけるとこそ。

案ずるより抜くが易し。

いまは梅雨空も爽快な気分なり。

|

« 6.15と樺美智子さん 1960年-2014年 | トップページ | 世界はクリームソーダの泡の一つに過ぎず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/59879857

この記事へのトラックバック一覧です: 親知らず抜きて爽快 梅雨の空:

« 6.15と樺美智子さん 1960年-2014年 | トップページ | 世界はクリームソーダの泡の一つに過ぎず »