« 枝垂れ桜と紅白梅 | トップページ | 秋風に咲ける花花 »

2015/06/12

トライアングル、その珠玉の一打ち

150612a


楽器使ひの天才と呼ばるる作曲家はあまた居れど、とどめはワーグナーにこそあらめ。

余がとりわけ感嘆するは、ニュルンベルクのマイスタージンガー前奏曲の後半、約7分前後の辺、展開部から再現部に移る瞬間なる「愛の動機」の頭に、トライアングルの涼やかなる一打ちの入るところなり。

このちさき音色は、展開部の「哄笑の動機」なんどで極みに高まれる緊迫を一瞬にして転換・解放し、聴衆に馥郁たる幸福感と愉悦をもたらすもので、祝祭気分の総仕上げに計り知れぬ効果を持つものなり。

トライアングルの一打ちの、かくも魔術的なる場面を余はほかに知らず。

|

« 枝垂れ桜と紅白梅 | トップページ | 秋風に咲ける花花 »

コメント

あ~。おっしゃるとおり。音楽の雰囲気が変わる大事な一音ですね。

投稿: Taka | 2017/01/12 01:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/61731513

この記事へのトラックバック一覧です: トライアングル、その珠玉の一打ち:

« 枝垂れ桜と紅白梅 | トップページ | 秋風に咲ける花花 »