« 8月に藤一片の狂ひ咲き | トップページ | わが家から望める富士 »

2017/10/04

中秋の名月

171004_2


今宵の中秋の名月は、中空にかかれる雲の裏に、かそけき光の気配あり。弱弱しき光のややおきて雲間を照らし、姿見せると思ひきやまた暗くなりつる。

いまかいまかと見るに、雲間いよよ明るくなりて、はつかに名月の端の覗きて、ひときは輝けるさま、心ときめかざるや。

再び隠れ、雲の広がる中、月の端の移ろひ移ろひて姿現しては見えずなり、胸ひしぐ思ひしけるに、いでや雲の切れ目から煌々たる名月の全容が現れたるは、夢かと見紛う圧巻の絵巻模様なり。

隈なく澄みわたりたる夜に見る名月もされど、雲間から現れては隠れ隠れては現れる名月の風情こそ、価千金の趣ならめ。
 
 
 
月みればちぢにものこそ悲しけれ わが身一つの秋にはあらねど

                                 大江千里

|

« 8月に藤一片の狂ひ咲き | トップページ | わが家から望める富士 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/65873816

この記事へのトラックバック一覧です: 中秋の名月:

« 8月に藤一片の狂ひ咲き | トップページ | わが家から望める富士 »