« 秋分の夕焼け | トップページ | わが家から富士を望む »

2019/10/23

ハゼ天丼に11年ぶり再挑戦

余はかつて、30年来の念願なりしハゼ天丼をつひに食せること、ブログに綴りけり。

されどその店、ほどなく店じまいしたり。かくてハゼ天丼に接する機会無きまま11年が経ちぬ。

いかなるにや、このほど突如としてハゼ天丼の記憶、脳裏に浮かび上がり、時あたかもハゼの季節なれば、いま一度食らひたき想い、沸沸として如何とも止み難し。

ねっとにて天ぷら屋なんど調ぶるに、ハゼは漢字で沙魚と書くことを知る。

沙魚を供する天ぷら屋探して電話にて問ふに、お好みにて天丼作ること能ふてふ店ありて、早速訪ひたり。

191022b

ハゼ3匹、カボチャ、ナス、シシトウの天丼に赤だし香の物付きで、2350円弱なり。

11年前の店はハゼ5匹入りて1200円なりしこと思へば、いかにも高価に過ぎ、往復の交通費含みては3000円にもなんなんとす。

ハゼそのものは期待に違はず美味なれど、この値段にてはリピートは二の足踏まざるを得ず。

ほかに庶民的な値段にてハゼ天丼供する店はなきやと、さんざんねっとをぐぐれるうち、いでや大発見にたどり着けるは。

そは、余の住まひから歩きて数分のところなる日本蕎麦屋にて、この季節限定のハゼ天丼御膳なるメニューあるとぞ。

ただちに訪れたるは云ふまでもなし。

191023a

ハゼ2匹、長ネギ、シシトウ、サツマイモの天丼に、小盛のせいろ蕎麦とお新香がつき、消費税込みで1100円ポッキリ。交通費もかからず。

天丼の美味さは云ふもさらなり。蕎麦の絶品なること特筆すべし。

近くにありながらこの店知らざりけるは不覚なれど、むしろ今知りたることこそ幸ひなれ。

ハゼ天丼御膳は11月中旬までのランチタイムに食すること叶ふとぞ。

 

 

|

« 秋分の夕焼け | トップページ | わが家から富士を望む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋分の夕焼け | トップページ | わが家から富士を望む »