« 2020年5月 | トップページ | 2020年8月 »

2020/06/12

60年目の6.15と樺美智子さん

60年安保の時、日本は戦後15年なりけるを、今年ははや戦後75年。遥けくも60年の歳月の流れたる。

されど、我らは決して忘るまじ。6.15と樺美智子さんを。

この日に起きたることと樺さんの死こそ、真の意味での戦後日本の出発点たることを。

 

2006151b

写真右は、6.15当日の樺さん。午前中、ゼミに出席せる後、スカートからズボンに履き替へたりて、デモに加はり国会に向かふ。この写真ぞ生前に確認されたる最後の姿となりぬる。「エコノミスト」別冊「安保にゆれた日本の記録」に、婦人雑誌「マドモアゼル」提供とて掲載されたる。

写真左は、国会構内での惨劇の直後、女子学生に左腕を抱えられて横たはる樺さん。この時すでに息絶へたるとぞ。麥書房刊「ゆるせない日からの記録」より。

 

2006152b

樺さんの葬儀の模様。アサヒグラフ緊急増刊「安保の嵐・一ヵ月」より。

 

2006153a

翌16日付の朝日新聞特別号外。

下はこの号外の裏面の写真特集。

 

2006155a

 

【このブログの、過去なる樺さん関連記事】

 

45年目の6.15、樺美智子さんの2枚の写真(2005年6月15日)

 

とっておき号外に見るあの時(7)-樺美智子さんの死(2006年3月6日)

 

60年安保の6・15から半世紀、樺美智子さん忘るまじ(2010年6月12日)

 

6.15と樺美智子さん 1960年-2014年(2014年6月15日)

 

 

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年8月 »